FC2ブログ

記事一覧

丸石という不思議な存在を考える

熊野速玉大社の摂社である神倉神社は、ご神体であるゴトビキ岩が有名です。


P1020742_2020040814255619d.jpg


しかしゴトビキ岩の側面には、きわめて重要だと思われる祭祀場がひっそりと存在します。


P1020749_202004081425574a6.jpg


ここには、白い丸石が敷かれています。

また、奈良県吉野郡十津川村にある玉置神社(たまきじんじゃ)は、呼ばれたものだけが到達できる神秘のお社と言われます。
ここでは、玉石社を一番初めに参拝しなければいけないとされます。


P1520578_convert_20200408142815.jpg


P1520582_convert_20171106193712_20200408142556a41.jpg


この玉石社は玉置神社より古くからこの地に存在し、玉置神社の基になったと言われている聖地なのです。

京都の松尾大社に近い月読神社


CIMG0162_20200408142553786.jpg


松尾大社からそれほど遠くない梅宮大社


DSCN0117_convert_20180318084525_2020040814254188e.jpg



鹿児島神宮の元宮、石體神社。


DSCN8316_convert_20180107222241_202004081425545a5.jpg


花の窟神社にも。


P1370740_convert_20170829162709_20200408142613ceb.jpg


P1370735_convert_20170829162535_convert_20200408142706.jpg


滋賀県の太郎坊山にもありました。


P1330053_convert_20170912195342_20200408142614b4d.jpg


子生まれ石という不思議な石も。


IMG_2633_convert_20171221155306[1]


IMG_2648_convert_20171221155427[1]



『信貴山縁起』に登場する丸石について、野本寛一先生は「道祖神(塞の神)」とされていますが、この巨大な丸石も「道祖神」ですから、これもまた丸石信仰の一端なのかもしれません。


201709092344276a1[1]


安芸の宮島。厳島神社から見て、島の反対側にあります。


DSCN0907_convert_20170713195226[1]


いったいこれらの丸石には、どういう意味があるのでしょうか?

下は、河内祭です。


DSCN6268_convert_20190606091049[1]


上の島は、和歌山県古座川町、古座川河口から約2km上流にある、三角形の花崗岩でできた河内島(こうちじま)です。
この島は河内神社のご神体で、島は古くから聖域として立ち入り禁止。
上部は木が茂っていて見えないのですが、聖なる石があるそうです。
鳥居はありますが拝殿も本殿もなく、自然神道、原始神道の面影を今に伝えるお社なのです。


DSCN6341_convert_20190605020408[1]


20190606091720440[1]


この河原は本来禊(みそぎ)の場で、遠洋航海をするものはここの小石を拾って肌身離さず持っていき、無事に帰ったら倍返しするそうです。
河口近くの河原石ですから、角が取れてほぼ丸石です。


  ☆


丸石信仰には、

① 信仰・祈願の対象となる神座としての丸石
② 祈る人間の心霊を込めてささげる手向けの丸石

という二つの側面から考える必要がある事を、前述の野本寛一先生が書いておられます。
ただし、お守りとして小石を肌身離さず持つ例などから考えると、丸石信仰にはかなり複雑な要素があるように思います。


下の写真は江洞窟と呼ばれ、香川県の小豆島にある四国八十八ヶ所の第六十番札所です。


P1380494_convert_20170714160212[1]


巨大な丸石の横に、洞窟があります。


P1380464_convert_20170714160101[1]


この霊場は、巨大丸石に対する原始信仰から発展したものと推測しています。

丸い石には不思議な力が宿っている・・・大昔から、日本人はそう考えていたのでしょうね。


P1370671_convert_20170818104600[1]


なんとか記事を続けています。三つクリックしていただくと大変励みになりますので、よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

丸石の世界

いつも興味深い記事を配信下さりありがとうございます。取材中にお怪我をされたようで、心配しております。大丈夫でしょうか?
色々な丸石の世界をお見せ下さり、感謝しております。本邦は遥か上古から、丸石に満ちているようですね。
カナダ原住民には、タリスマン(護符)になり得るフェアリーストーンという丸石があります。ケベック州の限られた河川でしか採取できないそうで、ヤフオクで手に入れることができます。人間の考えることは、いづこも同じなのかもしれません。

Re: 丸石の世界

> カナダ原住民には、タリスマン(護符)になり得るフェアリーストーンという丸石があります。ケベック州の限られた河川でしか採取できないそうで、ヤフオクで手に入れることができます。人間の考えることは、いづこも同じなのかもしれません。

貴重な情報ありがとうございます。もうバレバレでしょうが、「外出しにくいからネタがすくなくなったなあ・・・あ、この前コメントもらった丸石なら、なんとか記事書けるぞ」という安易な動機で書くことにしました。というわけで、いろいろありがとうございます(^_-)-☆

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア