fc2ブログ

記事一覧

剣山の大劔神社と御塔石・安徳天皇と失われたアーク伝説とは?

2017年に、「剣山」と「白人神社のユダヤ遺跡説」という、二つの記事を載せました。
徳島県の最高峰剣山は、標高1955m、西日本第2位の高さがある山です。


P1330371_convert_20200118190617.jpg


P1330319_convert_20200118185658.jpg


ここには、知る人ぞ知る、ソロモン王の秘宝伝説がありました。
イスラエル王国がアッシリアの侵攻を受けた時、ソロモンの神殿も破壊されて略奪にあったのですが、既に聖櫃(アーク)と莫大な財宝は姿を消していました。
その時他国へ散り散りとなった「失われた十支族」のうち、日本にたどり着いた人たちが、その秘宝を隠したという伝説です。

昭和11年には、聖書研究家の高根正教という人が、ソロモンの秘宝を求めて剣山頂の発掘を行い、その跡は今もあるそうです。

下は、「日ユ同祖論」や「剣山のソロモン伝説」を信じる人たちが、これこそがユダヤの神殿の様式だと主張する、徳島県美馬市穴吹町の白人神社の奥宮、磐境神明神社の祭祀遺跡です。


P1520108_convert_20171010134229[1]


P1520063_convert_20171010133016[1]


P1520071_convert_20171010133519[1]


ここには、イスラエル大使も見に来られたのだそうです。

私は全国各地の巨石信仰・磐座信仰を訪ね歩くオタク研究者ですが、古代であれ中世であれ、これに類する遺跡は他所で目にしたことはありません。
なにか特殊な由来や動機や信仰があったとしても不思議でないのです。

ただし私は、「失われたアーク伝説」や「日ユ同祖論」、さらには「日本にキリストが来た」という東北地方の説なども含めて、それらを隠された古代の真実だとか、逆にオカルト的トンデモ論だとか、論評する立場にはありません。
いずれにしろその背後には、歴史的好奇心を利用する政治的・宗教的な思惑、あるいは奇妙な国家主義を感じます。

・・・つい偉そうなことを書いてしまいましたが、本日は剣山山頂部の大剣神社について、気楽な記事を書かせていただきます。

まず下は、頂上ヒュッテ横にある、剣山本宮宝蔵石神社


P1330331_convert_20200118185823.jpg


P1330289_convert_20200118185607.jpg


P1330326_convert_20200118185740.jpg


ここから西へ400mほど下った斜面にあるのが、大剱神社と御塔岩です。


P1330266_convert_20200118185314.jpg


P1330252_convert_20200118185115.jpg


この周囲には、奇妙な岩が立ち並んでいます。


P1330277_convert_20200118185455.jpg


P1330269_convert_20200118185403.jpg


さて、大剱神社の説明板には、病気を治す若返りの御神水が下にあると書いてありました。
さらに斜面を下りて、神社の裏側に回ります。


P1330351_convert_20200118185915.jpg


さすがご神体の御塔岩、壮大なスケールです。


P1330364_convert_20200118190458.jpg


P1330360_convert_20200118190358.jpg


なんだか上半身と顔のように見えるのですが。


P1330359_convert_20200118190232.jpg


これが、御神水の出る場所のようです。


P1330357_convert_20200118190121.jpg


P1330355_convert_20200118190022.jpg


山で修行するには、水が欠かせません。
畏怖感あふれる巨石神と、透き通った命の水。
ここに信仰が根付いた原因がよくわかります。

「剣山」という山名の由来は、安徳天皇ゆかりの剣にちなむとされます。
寿永4年(1185年)、源氏に敗れた平家一門が安徳天皇を奉じて祖谷の地に落ちのび、平家再興の祈願のため安徳天皇の「深そぎの御毛」と「紐劔」を奉納。
以来劔山と呼ばれ、神社も劔神社と称されるようになったという伝説です。

しかしこれとは別に、この大剣神社の剣岩が由来とする説もあるそうです。

文化12年(1815年)に書かれた『阿波志』に、
「劔祠 在祖山菅生名剣山上去名二里餘頂有石屹立髙三丈土人以神」
とあり、土地の人が御塔岩を神と仰いでいたことが記されています。

またここは、邪馬台国阿波徳島説の中でも、山上説のある場所だそうです。
ここに邪馬台国の宮殿があったかどうかはともかく、古代国家の聖地であったとして不思議はありませんね。


P1330336.jpg


白い雲が、尾根をゆっくり越えていきます。

もう今頃は、雪と氷に閉ざされているのでしょうね。


三つクリックしていただくと大変励みになります。よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

剣山は安らぐ場所

さざなみ様、いつも綺麗なお写真をありがとうございます。愚生は剣山が大好きで、年に何度かは上っております。
さざなみ様の仰有るとおり、剣山は今頃は冬山で、雪中登山でないと登れないと思います。道は、天皇の祖先霊を降ろしたアラタエ(大麻の繊維でつくった服)を践祚大嘗祭に合わせて調進した木屋平(こやだいら)や北の一宇(いちう)からは難しく、西の祖谷(いや)からの道しか使えません。四輪駆動で凍結対策のタイヤをはいたクルマでないと劔神社のある見ノ越(みのこし)までは上がれないと聞いております。でも、今年は雪が少ないのでどうかは判りません。
剣山リフトが運行し始めるのが、例年4月下旬で、それでもお山には残雪があります。リフトの運行は11月末でおしまいで、その時期には山頂付近は樹氷があって、登るにはアイゼン持参が無難です。
失われたアークの伝説はともかく、イスラエルのエリ・コーヘン駐日大使が、一度ならず数回、白人神社や剣山を廻ったことは事実です。一緒に食事をした人も知人におります。それと、見ノ越までのクルマの道が無かった終戦当時、GHQが剣山の宝蔵石や大塔石のあたりを人払いして掘ったのも、事実のようです。ただ巷間の都市伝説で、規制が緩かった時代に、磐座を掘った素人研究家がミイラを見つけたとか、神代文字の書かれた石板を見つけたとか、それを徳島日報が記事にしたが、上から圧力がかかって没にされたとか・・・は、嘘だと思います。徳島日報なる新聞は存在しません。
さざなみ様の博覧強記には到底及びませんが、阿波の國には幾分詳しいかと思いますので、何でも訊いて下さい。

Re: 剣山は安らぐ場所

鯨 様

さすがに徳島のことは知り尽くしておられますね。
何が真実で何がウソか、外野から怪しいメディアを通してみているだけでは、わからないことだらけです。
イスラエルのエリ・コーヘン駐日大使が結構来ていたとか、GHQが乗り出したというのは、大変興味深いです。
またいつか、ネタにちゃっかり使わせていただきます(^_-)
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア