fc2ブログ

記事一覧

大杉神社〔北原(きとら)龍宮〕・近畿最後の秘境神社へたどり着きました!

「呼ばれたものしかたどり着けない神社」
なんて言い方がよくあります。
「そんな大げさな。地図とGPSがあれば、イマドキどこでも行けますがな」
なんていつもは想うのですが、滋賀県彦根市の大杉神社だけはその言葉通りかもしれません。

そしてこの神社には、私たちが知っている記紀神話とは違う神話が語られ、御鎮座は約七百二十万年前、御神木には琵琶湖の皇帝金竜が住むという、何とも神秘的なお社なのです。

  ☆

さて、名神高速米原インターから、南へ南へと鈴鹿山系に入ります。
ほとんどUターンもすれ違いもできない、「ぽつんと一軒家」レベルで車幅ぎりぎりの林道をひたすら登るのです。


IMG_1588_convert_20191105123901.jpg


IMG_1738_convert_20191105124409.jpg


四苦八苦しながら進むと、最後は意外にも立派な掲示板と、数台は駐車できるスペースがありました。


IMG_9716_convert_20191105124709.jpg


進路不明、迷子同然、立ち往生、すべて当てはまる不安な状況で、あきらめて帰ろうかと思っていたくらいなので、正直ホッとしました。
なんとか車を置き、神社があるらしき山上を目指します。


IMG_9718_convert_20191105124800.jpg


IMG_9721_convert_20191105124944.jpg


周囲には、石灰岩の露頭が散在していました。


IMG_9720_convert_20191105124853.jpg


小さな物置小屋のような建物がある台地に、目指す巨木が立っていました。

これが、琵琶湖の金龍が住むという御神木です。


IMG_9805_convert_20191105125055.jpg


IMG_9841_convert_20191105125332.jpg


IMG_9838_convert_20191105125239.jpg


なるほど、零(ぜろ)感の私でも、異様な畏怖感を感じるすごい樹形でした。
ひとりで登山途中に、霧の中でこの木が浮かび上がっていたら、呆然と立ち尽くすほかない威容なのです。


IMG_1723_convert_20191105124323.jpg


IMG_1681_convert_20191105124236.jpg


IMG_1673_convert_20191105124151.jpg


IMG_9829_convert_20191105125146.jpg


なるほど、これは確かに龍を連想します。

さて、ここからさらに登ると、いったい何がでてくるのでしょうか?


IMG_1668_convert_20191105124059.jpg


つづく

ネタ集めも大変で、三つクリックしていただくと大変励みになります。よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

これぞ秘境

毎日更新されるお話を楽しみにしております。
いよいよ大杉神社と比婆神社ですね。伊弉諾、伊弉冉の両大神をお祀りする聖地には、一度は行ってみたいのですが、ネットで紹介されている記事には必ず、危険な山道とか対向できないとか色々書かれているので二の足を踏んでしまいます。
それでも現地に向かうさざなみ様の探求心には感服いたします。
いつもとても綺麗なお写真を掲載して下さるのですが、今回もどこのサイトよりもくっきり・はっきりしているお写真で、わくわくが止まりません。
続編、続々編、続々々編?を拝見させていただくのが、とても楽しみです。宜しくお願いいたします。

Re: これぞ秘境

> 続編、続々編、続々々編?を拝見させていただくのが、とても楽しみです。宜しくお願いいたします。


実は鯨さんに両方の神社について質問されたのをきっかけに、是非とも行かねばという気になったんですよ(^_-)
とりあえず、大杉神社後編をアップしました。
比婆神社は数日空けて記事にしますので、よろしく。
それにしても、私たちが思っているイザナギ・イザナミとは、ちょっと違う感じがしました。
いろいろあるんだなと再認識です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア