FC2ブログ

記事一覧

岩屋寺の「鬼の差し上げ岩」・謎めいた巨石と「天地無用」の聖地!

岡山県の倉敷や総社付近は、楯築遺跡、矢喰宮、吉備津彦神社など「温羅(うら)」にまつわる不思議な巨石が多い所です。
その中でも、最大の巨石遺構ではないかと思われるのが、岩屋寺にある「鬼の差し上げ岩」です。


PC260035.jpg


PC260040.jpg


ところがこの巨石、『天地無用!』というアニメファンの聖地巡礼の対象となっていました。
ここは、魎呼という鬼が封印された洞窟のモデルなのだそうです。

ウィキペディアによると、『天地無用!』は『美少女戦士セーラームーン』と並んで、テレビアニメによる聖地巡礼現象の最初期の例として知られるのだとか。

ある中国のアニメ紹介サイトには、
《天地無用!》的聖地巡禮從1992年的第一部OVA作品就已經爆發・・・
と記され、「鬼の差し上げ岩」の写真が載っていました。
1992年の最初のOVA作品からの聖地ツアーは、すでに爆発的人気で・・・
なんて意味なのでしょうか???

昔は巨石マニアの聖地で、今はアニメファンの聖地!
うーむ、この前ここですれ違った青年は、日本の巨石マニアではなく、中国人のアニメファンだったかもしれないのかぁ。


  ☆


本題に入ります。

「鬼の差し上げ岩」は、総社市奥坂の山間にある岩屋寺の巨石岩屋です。
温羅という鬼が住んだ地とも言われています。
またここへ来る途中には、古代山城(神籠石式山城)とされる壮大な規模の鬼ノ城(きのじょう)もあります。
なぜか正史に記されない、ものすごい遺跡です。

この地域の謎めいた伝説については、以前記事にしています。思い付き程度ではありますが、よろしければご覧ください。

吉備の楯築遺跡とケルト文化・奇妙な類似点は偶然か?

この「鬼の差し上げ岩」の位置する総社市奥坂は、温羅の妻の阿曽媛の関係地とされ、一帯の阿曽郷からは古代製鉄跡が多数発掘されました。また吉備津神社の鳴釜神事に使用する釜は、当地の鋳物師によるものと定められています。

アニメファンだけでなく、古代史ファンにとっても、かなり中身の濃い地域であることは間違いありません。
以前の記事で外側を中心に紹介しましたが、今回は内部を中心に紹介します。


PC260041.jpg


入り口は二つありますが、まず右側、祠のような建物の背後から入ります。

祠のような建物とは、この磨崖仏を覆うものでした。


PC260076.jpg


少し入って振り返ると、こんな感じ。


PC260057.jpg


奥はほとんど真っ暗です。


PC260042.jpg


PC260043.jpg


フラッシュを使います。


PC260044.jpg


PC260046_20181001102038c9b.jpg


PC260045.jpg


PC260052.jpg


奥には、岩に隙間がある部分がありました。外の光が漏れていて、無理すれば出られそうです。


PC260056.jpg


PC260061.jpg


それにしても、この空間が自然にできたとは思えない構造です。


  ☆


では、もう一つの狭い洞窟を探検します。


PC260064.jpg


PC260066.jpg


艶やかな、まるで人肌のような表面です。
おそらく女陰を表しているのでしょう。

角度を測ると、ちょうど冬至の頃の朝日が奥に射すようです。
典型的な巨石太陽信仰だと思います。
地母神と天空の太陽神との聖婚儀式には最適ですね。

おそらくこの大地の子宮は、そのために人工的に掘られ、表面を磨いたものと推測します。

では、少し中に入ります。


PC260067.jpg


PC260070.jpg


多分この奥には、ご神体的なものがあるはずです。

奥を見ると・・・確かに何かがあります。


PC260072.jpg


明らかに運び込まれたと思われる丸石。

卵の象徴でしょうか。
ひょっとすると、かつて卵生神話と日光感性神話がここにあったのかもしれません。


  ☆


その他、外観です。


PC260077_convert_20181001101512.jpg


PC260078.jpg


PC260083.jpg


PC260088.jpg


何とも不可解な岩組みでした。
アニメファン、古代史ファン、巨石ファン、それぞれの聖地ですから、お時間の許す方はこの謎めいた巨石トンネルにぜひおいでください!(^^)!


家計と休日予定を何とかやり繰りし、各地を回っております。ネタも少なくなり、先行きが不安ですが、それぞれクリックしていただくとネタ集めの励みになりますのでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村


神社・仏閣ランキング

コメント

母の胎内

巨石マニアとセーラームーン、どう結びつくのかと思いましたが、アニメは想像力の塊ですものね、中国からもファンがいらっしゃるのは感嘆すべきですね。^^
そういえば、去年大ブレイクしたアニメ映画「君の名は」のタイムリープと関わりがありそうな神社も、隕石伝説のある大阪の交野市・星田妙見宮が舞台だと聞いたことがあります。

不思議と、パワースポットと言われる神社には、巨石や隕石、星や七夕伝説とかかわりのあるところが多いですね。

Re: 母の胎内

> 不思議と、パワースポットと言われる神社には、巨石や隕石、星や七夕伝説とかかわりのあるところが多いですね。

いつもありがとうございます。

星や隕石を祀る神社は多いのに、なぜかクローズアップされにくいという妙な傾向を感じます。
天照大神などの太陽神があまりにも有名で、まさに「陰に隠れて」しまっているのでしょうか。

北野天満宮の北辰・北極星信仰など、興味深い課題がたくさんありそうなので、また勉強します(^_^)/~

隙間の形

こうゆう巨石が自然の作用でできたかどうかということを調査している者です。東日本中心なのでこの巨石に行ったことはありませんが、なかなか面白いですね。地下にあった巨石群の岩体が地表に露出して自重で斜めに滑り始めているタイプのように見えます。隙間の様子は規模は小さいけど、名草巨石群の御供岩の滑りと似ています。あと、外側のオーバーハング形は遠野の続石と同じく下部のコアストーンが落下したようですね。興味深い画像見せていただいてありがとうございました。

Re: 隙間の形

滝おやじ様

実は貴ブログの地形めぐりの記録は、以前より時々参考にさせていただいております。
コアストーン云々と私のブログでも書いたことがありますが、この言葉は滝おやじ様の受け売りでした(^_-)

巨石信仰や磐座信仰の記事が多く、あまり地学的な分析はできておりませんが、これからもまた参考にさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

巨石用語

用語を使って頂いてありがとうございます。
巨石愛好家の皆さんが、巨石の用語としてせめて、花崗岩・斑れい岩などの岩石名、そして、最低、根石・浮き石ぐらいの形態名を使うようになればと思います。

Re: 巨石用語

> 用語を使って頂いてありがとうございます。
> 巨石愛好家の皆さんが、巨石の用語としてせめて、花崗岩・斑れい岩などの岩石名、そして、最低、根石・浮き石ぐらいの形態名を使うようになればと思います。

御助言ありがとうございました。またいろいろ勉強させていただきます。
ただ、巨石愛好家といっても私が知っているのは、古代史や民俗学から巨石を見る方が多いので、信仰の様式や考古学的出土物にくらべて地学的な知見の優先順位は低くなるだろうと思います。

No title

星はどちらかというと神ではなく天皇の事になってしまうイメージなので祭神としては祀りにくいんじゃないかという気がする。

Re: No title

> 星はどちらかというと神ではなく天皇の事になってしまうイメージなので祭神としては祀りにくいんじゃないかという気がする。

天津甕星のように、日本神話において星神は「まつろわぬ神」としてよく描かれます。また朝廷の厄介者である菅原道真を祀る北野天満宮には、明確な北極星信仰が現在も残っています。
太陽神も星神も、けっこういろんな種類があったのかもしれませんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア