記事一覧

二つの「出雲」の謎・出雲大社と出雲大神宮はどちらが始祖か?

出雲大社の神体山・それは霧の中の謎でした!
の記事の中で、秀麗な神体山が三つも本殿を取り巻いているという驚きを載せました。

おそらく、
「本殿背後の八雲山が出雲大社の神体山というのはよく聞くけれど、鶴山亀山まで神体山だという説は聞いたことないぞ。」
と思われた方も多いでしょうね。

実は、神体山(神奈備)が三つもあると驚いた時、脳裏に浮かんだことがあります。

それは、京都府亀岡市の「出雲大神宮」の神体山である「御陰山」も、三つの峰を総称して言うのだと、出雲大神宮のご神職からうかがっていたからです。



京都府亀岡市の「出雲大神宮」とは?

出雲大神宮については、顕著な磐座群と神体山があるため、すでに紹介しています。今回は、出雲大社との関連について簡単にまとめました。

ウィキペディアの「出雲大神宮」には、こう書かれています。

祭神の大国主命については、一般には出雲国の出雲大社(杵築大社)から勧請したとされている[1]。ただし社伝では逆に、出雲大社の方が出雲大神宮より勧請を受けたとし、「元出雲」の通称がある。社伝では、『丹波国風土記』逸文として「元明天皇和銅年中、大国主命御一柱のみを島根の杵築の地に遷す」の記述があるとする[2](ただし、社伝で主張するのみでその逸文も不詳)。

つまり出雲大神宮側は、『丹波国風土記』逸文を根拠にして、こちらから出雲大社へ祭神を勧請したもので、出雲大社より古い「元出雲」なのだとされているのです。

下の立札を見れば、縄文時代の創建ということになり、その根拠もきちんとあるなら、出雲大社より古いと主張されるのも当然かもしれません。

DSCN9632_convert_20180228124412_201807031541119ea.jpg


本殿。

IMG_1250_convert_20180228130505_20180703154130f31.jpg


IMG_1255_convert_20180228130607_2018070315412784d.jpg


宮池と神体山です。

P2240132_convert_20180228133932_201807031541331c2.jpg


磐座群は、出雲大社より目立ちます。

DSCN0176_20180703154126ae1.jpg


DSCN9628_convert_20180228124249_201807031541305e7.jpg


P2280336_2018070315413227c.jpg


DSCN9660_convert_20180228125142_20180703154126e23.jpg


泉です。

DSCN9623_convert_20180228124205_20180703154116099.jpg


滝もあります。

DSCN9677_convert_20180228125514_201807031541273d0.jpg

とにかく、出雲大神宮には、古社に必要な要素は全部そろっています。

起源の古さを肌で感じることができるのです。

一方の出雲大社は、先日紹介した通りです。

P1630709_convert_20180701004503_20180703154131371.jpg



まあどちらが古いかは別にして、三つの神体山、本殿背後の磐座、池、滝など、まったく同じ要素様式が両社揃っていて、甲乙つけがたいのは事実です。



雲のイメージ

出雲という言葉も、八雲山という言葉も、雲のイメージがあります。

「八雲立つ」という言葉は、八重に(幾重にも)重なり合った雲を表します。

実は、古くからの京都人ならほとんどが知っているように、亀岡には「雲と霧」のイメージがあるのです。

亀岡に一戸建てを立てた悪友に対し、私が初めに言った言葉は、「おい、亀岡に家建てたら、洗濯物が乾かへんぞ!」という軽口でした。(亀岡市民の方、ごめんなさい。亀岡には友人も後輩も親戚もいるもので、つい・・・)

下の写真は、亀岡の出雲大神宮付近から撮った写真です。

DSCN0149_201807031541129b5.jpg


DSCN0153_20180703154131d34.jpg


特に高い所から撮ったわけでもないのに、雲がたなびいています。
まさに亀岡も、「八雲立つ」地なのです。



西にある海の存在

出雲大社の御神体が西向きなのは、稲佐の浜を向いているから、という説を紹介しましたが、確かに西側には海があります。

一方、出雲大神宮の西側に広がる亀岡盆地は、かつて湖でした。

嵯峨嵐山からトロッコ列車に乗ると、終点のトロッコ亀岡駅直前で急に見晴らしがよくなります。ちょうどあの辺りを切り開いて湖の水を嵐山方面に流し、平野ができたとされているのです。

「水のほとりの出雲」という立地条件は一緒でした。




稲佐の浜の弁天島

稲佐の浜と言えば、誰しも思い浮かべるのは弁天島でしょう。
かつては、海の中の島でした。

P1640267_2018070315414003d.jpg

現在は豊玉毘古命を祀っていますが、以前は名前の通り弁才天を祀っていました。


一方、出雲大神宮も、宮池の中に弁財天社が祀られています。

DSCN9615_convert_20180228124113_2018070315412076f.jpg





武甕槌命の登場

そもそも稲佐の浜は、大国主命が高天原から出雲支配のための使者として派遣された武甕槌神(たけみかづちのかみ)を稲佐の浜に迎え、美保関の事代主命(ことしろぬしのみこと)と相談して国譲りを決意したという場所です。

一方、出雲大神宮境内の末社、春日社は 祭神を武甕槌命、天児屋根命としています。

しかし、出雲大社と稲佐の浜はすこし距離があります。

そこで、出雲大神宮の外に武甕槌命を祀る鹿島神社がないか探すと、これがあったのです。

京都府南丹市園部町殿谷長谷の鹿嶋神社。
もちろん祭神は武甕槌命です。
文永五年(一二六八)の創祀とも言われ、常陸を故郷とする地元の土豪たちが鹿島神宮を勧請したものらしいのですが、詳細は不明。



出雲大社・出雲大神宮ラインの存在と八雲山

出雲大神宮から、真西よりやや北寄りの方角に、この鹿嶋神社が位置していました。
この方角は、ひょっとして遠く出雲大社の方角ではないのかと直感し、ラインを引いてみました。

「二つの出雲」を結ぶ直線、それが下です。





鹿嶋神社(黄色)は、わずかに外れていましたが、出雲大社周辺で、とんでもないものがラインに乗ってきました。
紫色のポイントを拡大してご覧ください。

出雲大社本殿背後の「八雲山」と同じ名前である、もうひとつの「八雲山」中腹に位置する「須我神社奥之宮の磐座」です。

これもかなり有名ですから、写真を見たことがある方も多いでしょうね。

IMG_2526_convert_20170828115623_20180703162143c64.jpg


IMG_2534_convert_20170828115715.jpg


DSCF9272_20180703162154615.jpg


IMG_2582_convert_20170828115956_20180703162148d0f.jpg


驚くべきことに、この磐座の祠の位置は、三個の巨岩に囲まれたところにあること、即ち出雲大社の本殿が背後と左右を神体山に囲まれているという配置と同じなのです。

これほど顕著ではありませんが、三つの峰の出雲大神宮とも共通します。


グーグルもGPSもない時代、誰かが「二つの出雲」をラインで結び、そのライン上に三個の磐座を設置したという可能性が低いことは分かります。

そもそも簡単に動かせる大きさでもありません。

しかし、大変よく似た「二つの出雲」と、そのラインに存在する、出雲大社本殿の位置関係にそっくりな磐座。

この記事を読まれた皆様、少なくとも出雲の謎は、なかなか奥深いものがあるとは思われませんでしょうか。


  ☆


ちなみに、出雲大神宮と出雲大社との関係ですが、出雲大神宮参道に立つ「国幣中社 出雲神社」の社名標は出雲大社の元宮司・千家尊福さんの筆によるものです。

また2014年(平成26年)に造られた正面の石碑「丹波國一之宮 出雲大神宮」の揮毫は、出雲大社現宮司・千家尊祐さんの筆なのだそうです。

お互いに無視したり、本家争いで反発したりすることなく友好関係がある裏には、なにか一般の人間が知ることのない古伝や、公表されることのない事実があるような気がします。


それにしても、出雲の祭祀の謎は奥深くて、出口はなかなか見えませんね(@_@;)


家計と休日予定を何とかやり繰りし、各地を回っております。ネタも少なくなり、先行きが不安ですが、それぞれクリックしていただくとネタ集めの励みになりますのでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


にほんブログ村


神社・仏閣ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア