FC2ブログ

記事一覧

佐奈部神社の「茅の輪くぐり」と大阪北部地震

大阪北部地震では、大阪府北部から京都府南部にかけて、震度5強以上の揺れが観測されました。西本願寺・平等院鳳凰堂・石清水八幡宮、さらに奈良の東大寺にまで、被害が及んでいます。

そんな中、茨木市稲葉町にある、佐奈部神社の「茅の輪くぐり」に参加してきました。

DSCF4954.jpg


DSCF4951_convert_20180702140440.jpg


DSCF4950_convert_20180702140320.jpg


6月30日は夏越祓(なごしのはらえ)で、半年間の間にたまった罪やけがれをおとし、次の半年間、病気や災難にあわないようにとの意味も込められているそうです。

このブログでも、「茅の輪くぐり」は「胎内くぐり」と同種の呪術であり、新生や再生を意味すると何度か書いてきました。
いつもは写真だけ、あるいは一回通るだけというテキトーな行為でしたが、今回は正式に、8の字で3回くぐりました。

茅の輪の横には、宮司様ご夫婦による冷たいお茶のサービス。

境内に地震の被害は感じられませんでしたが、お茶をいただきながら聞いてみると、やはり灯篭など石造物がいくつか地面に落ちたとか。
しかし、特にそれ以外の被害もなくてよかったとのことでした。

私は「他所は被害が大きいのによかったですね、ご神威ですね。」とお礼を言って帰りました。


  ☆


さて、佐奈部神社のように、落下した石造物を据え直すだけで済むならありがたいのですが、震度6弱という震源地に近い高槻市や茨木市の神社仏閣の被害は深刻です。

2018/06/22:大阪北部地震と神社仏閣・これほど被害があるとは!

で、私の知っている高槻・茨木周辺の被害を記事にしました。

被害状況を生々しく出すのも気が進まなかったのですが、鳥居の落下など、一歩間違えば重大事故につながったはずです。参詣者が多い日時なら、確実に負傷者が出ていたでしょう。

もし私の写真で、石造物の落下防止や応急処置について、なにか改善のヒントが得られるならありがたいと思い、前回載せてない写真を少し出すことにしました。
石も揺れで折れること等も含め、震度6弱クラスの地震被害について、少しでも関係者の皆様のお役にたてば幸いです。

_1640455_convert_20180702140659.jpg


_1640457.jpg


P1640480_convert_20180702141140.jpg


DSCF5005_convert_20180702140934.jpg


DSCF5001_convert_20180702140754.jpg


DSCF5003_convert_20180702140855.jpg


P1640514_convert_20180702141230.jpg


P1640530_convert_20180702141432.jpg


P1640531_convert_20180702141624.jpg


P1640542_convert_20180702141531.jpg


P1640503_convert_20180702143448.jpg


扁額なども落下します。


P1640507_convert_20180702143551.jpg


本殿以外の建物、社務所や倉庫などの被害は多いようです。

DSCF5011_convert_20180702141011.jpg

掲載は差し控えましたが、墓石や仏像・神像の類も、古いものは二つに割れたりもしています。

何よりも石の鳥居や灯篭の補強、そして破損時の立ち入り禁止明示のため、ロープや三角カラーコーンなどの準備が境内に必要だと思われます。


家計と休日予定を何とかやり繰りし、各地を回っております。ネタも少なくなり、先行きが不安ですが、それぞれクリックしていただくとネタ集めの励みになりますのでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


にほんブログ村


神社・仏閣ランキング


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア