記事一覧

神武天皇の祭祀跡?・天津磐境の不思議な姿(福山市)

広島県福山市金江町、磐田山の山頂近くにあるのが、神武天皇の祭祀遺跡とされる天津磐境です。

DSCN4667_convert_20180316230725.jpg


昨日、高島と稲積島が神武伝承を持つことを記事にしました。広島県福山市にも神武伝説があり、この天津磐境は天神崇拝のために作られた施設と言われているそうです。

道は分かりにくく、福山少年自然の家で道を聞かないと、たどり着けないかもしれません。
細い枝道沿いに控えめな標識があり、そこから坂道を上がって行きます。すでにこの時点で奇妙な岩がありました。

DSCN4659_convert_20180316230422.jpg

DSCN4661_convert_20180316230606.jpg


滑らかな岩盤が道のように続いており、30mほどで、本体の石組みがあります。

DSCN4664.jpg


DSCN4672.jpg


DSCN4675_convert_20180316230807.jpg


接近して観察すると、立石の下は船型の石で、人工的に割って整形されています。石工さんはかなりの腕前ですね。

DSCN4678.jpg


DSCN4717_convert_20180316231037.jpg


DSCN4685.jpg


この石組みの背後にも壁のような巨大な岩があり、そこは二重環状列石だという話もあるようですが、私自身はまだ確認していません。
また、ここからは祭祀土器も出土しているそうです。


私は、神武天皇は架空の人物だと考えています。ですから神武天皇の祭祀跡だというのは、神話上の神武東征ルートに近いということから、後世に関係付けられたものである可能性が高いと思います。日本神話が事実として教育されていた時代は、郷土に神武天皇の遺跡があるということは名誉な事でした。

しかし神武天皇の祭祀跡とか行宮とかを別にしても、これが古代からあるものなら、極めて不思議な容姿の不可解な遺跡であることは間違いありません。環状列石があるなら、縄文土器の発見さえあり得ます。いずれにしろ付近はかなりの斜面であり、約四メートルもの巨大な石組みを作るのは大変な作業です。


IMG_1245.jpg


これはいったい、何なのでしょうね。何のために、誰が、いつ建造したのか、答えがわかる日は来るのでしょうか。



家計と休日予定を何とかやり繰りし、各地を回っております。ネタも少なくなり、先行きが不安ですが、それぞれクリックしていただくとネタ集めの励みになりますのでよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


にほんブログ村


神社・仏閣ランキング


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア