FC2ブログ

記事一覧

日本のエーゲ海と天狗と源実朝

「日本のエーゲ海」と呼ばれる白崎海岸(白崎海岸県立自然公園)は、和歌山県日高郡由良町にある真っ白な海岸です。日本渚百選の一つで、海に浮かぶ白い岬という景観は他に類を見ないと言われます。 

P1330592_convert_20180208215852.jpg


ここなら、雪も降らずに暖かくバカンスできそうな気がします。ん? 和歌山にも雪の予報が・・・(*_*)

万葉の和歌にも詠まれ、近くの白崎万葉公園には、この歌の歌碑があります。

白崎は 幸くありまて 大船に 真舵しじぬき また帰り見む(詠人知らず)

これは、大宝元年(701)、持統天皇一行が、白浜の牟婁の湯へ行幸の途中詠まれた歌だとされます。

エーゲ海と万葉集、なんとも不思議な取り合わせですね(@_@;)

駐車場から海沿いを歩く1周約30〜60分のコースでは、フズリナやウミユリなど、各所に化石ポイントが点在し、展望台からは雨の浸食によってできたカルスト地形を観察することもできます。

P1330575_convert_20180208215153.jpg

P1330568_convert_20180208215000.jpg

P1330567_convert_20180208214916.jpg

P1330574_convert_20180208215346.jpg

P1330572_convert_20180208215255.jpg


170万部超のベストセラーを記録した伝説的少女コミックの実写版映画「溺れるナイフ」では、この白崎海岸がロケ地の一つになっています。小松菜奈と菅田将暉が主演で、破裂寸前の十代のこころと、剥き出しの刃物のような青春の情景を多彩に描いた映画だとか。

そう、私のようなオジサンにも、昔はそんな時期がありました・・・・多分。


それはともかく、上の写真は曇りがちの夕方に撮ったので、あと一歩鮮やかさがありません。しかし晴れた日に見る、青い海と白く輝く海岸線のコントラストは、なかなか日本離れした素晴らしい景観です。
晴れた日に撮った、由良町観光協会様の上空から見た写真をお借りします。

201708021645524676[1]



下は、万葉公園付近の立厳岩(たてごいわ)です。恐らく海の神が降臨する「立神」の類でしょうね。特にこれは、岩窟信仰や胎内くぐりの信仰ともクロスするので、海人にとっては特別の存在であったかもしれません。

P1330577_convert_20180208215448.jpg

P1330588_convert_20180208215754.jpg

P1330578_convert_20180208215541.jpg

P1330580_convert_20180208215645.jpg



さて、JR紀伊由良駅から、県道23号線で白崎へ向かう途中に、興国寺があります。3m近い巨大な天狗さんのお面が有名です。

DSCN8278_convert_20180208214646.jpg


1219年正月、源実朝は、鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺されました。わずか28年の生涯で、 鎌倉幕府の源氏将軍は断絶しました。
のちにその頭骨を掘り出し、菩提を弔うために忠臣の葛山景倫が創建したのが、この興国時なのです。それにしても、いったいなぜこんなところに、源氏最後の将軍の菩提を弔うお寺があるのか。

そこには、実権が無くお飾りにすぎなかった実朝の抱いた、意外な夢とあこがれがあったのです。

(続く)



家計と休日予定をやり繰りして全国を回っております。よろしければ三つクリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


神社・仏閣ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア