記事一覧

蒲生の大クス・悠久を生きる巨大な神

もはやこれは単なる木には見えません。
悠久の年月を重ねた、伝説の神様です。

IMG_7585_convert_20180105225714.jpg



この神様は、蒲生のクスと呼ばれています。鎮座地は、鹿児島県姶良市蒲生町上久徳の蒲生八幡神社境内。

IMG_7551_convert_20180105225137.jpg


国の特別天然記念物で、高さ約30メートル、地上から1.3メートルの高さでの幹周は24.2メートル、根回り33.5メートル、幹の中には広さ約13平方メートル(畳8畳分)の空洞があり、樹齢は約1500年と推定されています。昭和63年(1988年)に行われた環境庁による巨樹巨木調査(昭和63年度)において日本最大の巨木と認定。


IMG_7578_convert_20180105225518.jpg

IMG_7537_convert_20180105224937.jpg

IMG_7576_convert_20180105225410.jpg

IMG_7571_convert_20180105225246.jpg


1500歳、もはや人間の一生など取るに足らない、まさに悠久の神です。

宇佐八幡宮神託事件で大隅へ配流された和気清麻呂が当地を訪れ、手にしていた杖を地に刺したものが根付いたものと伝えられ(杖立て伝説)、蒲生舜清が蒲生八幡神社を創建した保安4年(1123年)の時点で既に神木として祀られていたとされます。

磐座や神体山にはない、温もりある巨大な神様でした。



家計と休日予定をやり繰りして全国を回っております。よろしければクリックしていただくと励みになります。
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村


神社・仏閣ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア