fc2ブログ

記事一覧

朝妻神社と蛭子神社・天の川の七夕伝説

滋賀県米原市の琵琶湖沿岸に、朝妻湊という古い港の遺跡があります。


11_2023101311274949a.jpg

12_20231013112756202.jpg


この朝妻湊は、古代から東海・北陸地方の人の行き来や荷物の運搬など、湖上交通の要港として発展してきました。歴史上でも秀吉が京の大仏殿建立の際、尾張や美濃から木材を運搬するのに使われ、、木曽義仲の部隊も朝妻湊を経て戦地に向かうなど、重要な役割を果たしてきました。

地図でわかるように、ここはちょうど天野川の河口に当たります。(青色)





これが天野川です。


14_20231013112810987.jpg


それにしても、「天野川(あまのがわ)」と聞くと、織姫と彦星の七夕伝説が頭に浮かびますよね。

実際この地には、やはり七夕伝説があったのです。


15_20231013112800cb5.jpg

16_202310131128147c6.jpg


天野川を間にして、蛭子神社(オレンジ色)と朝妻神社(黄色)が鎮座しています。

まず、蛭子神社の境内には、高さ1 m程度の自然石が立ち、仁賢天皇の第二女である朝嬬皇女の墓と伝えられ、七夕塚と呼ばれています。


22_convert_20231013111531.jpg

23_20231013112831264.jpg

25_convert_20231013111633.jpg

26_convert_20231013111722.jpg


これは、地元の方が「人面岩」と呼んでおられました。


28_convert_20231013111921.jpg


では、もうひとつの朝妻神社。
その境内には「星川の墓」または「朝妻王の墓」と伝えられる多宝塔の一部が残っており、彦星塚と呼ばれます。


31_convert_20231013112115.jpg

32_2023101311283487d.jpg

34_convert_20231013112202.jpg

35_20231013112835b93.jpg


この地域では、男性は七夕塚、女性は彦星塚に詣でる風習があるのだとか。


  ★


天野川という名前や七夕伝説が、いつごろからあるのかは不明です。
根拠となる古文書の信頼性に問題があり、七夕伝説は比較的新しいのではないかという説もあるようです。

ところが、ここには重大な謎が潜んでいました。

  ★

その① 「朝妻」という地名

奈良県御所市にも「朝妻」という地名があります。
秦氏の痕跡を求めて探訪した時の、その朝妻地区の写真です。


41_20231013112830d2b.jpg

42_202310131128332fb.jpg


京都の「太秦」という地名が示すように、平安京の基礎を作ったのは渡来人の秦氏です。


09_20231014093527c15.jpg


その秦氏が来日して、最初に住んだのが、御所市の「朝妻」でした。

ふたつの「朝妻」に関係はないのか?
そこで、日本姓氏語源辞典の≪アサヅマ 【朝妻】≫を調べてみると、ドンピシャリでした。

「後漢系。奈良県御所市朝妻発祥。古墳時代に記録のある地名。奈良県に平安時代に朝妻造の氏姓があった。滋賀県米原市の朝妻を経て新潟県に移る。滋賀県米原市の朝妻は平安時代に記録のある地名。」

米原市の「朝妻」は、御所市の「朝妻」から移ったというのです。ということは、米原の「朝妻」も、渡来人の秦氏の影響があるはず。


その②  「天野川」という河川名。

大阪府の淀川左岸、交野市にも、「天野川」が流れています。
驚くべきことに、この天野川にもまた、川をまたぐ二つの神社と七夕伝説がありました。

そのひとつは、星田妙見


51_20231013112834fda.jpg

52_20231013112831492.jpg

53_202310131128302b8.jpg

54_20231013113021652.jpg


もう一つが、機物神社(はたものじんじゃ)です。


61_202310131130288b8.jpg


神社のアイドル、おりひめちゃんです。


63_20231013113031044.jpg


この機物神社の神体山とされるのが、巨石信仰の交野山でした。


64_20231013113021059.jpg

65_20231013113031627.jpg

66_202310131130296f1.jpg

68_2023101311302721a.jpg

69_20231013113030ef5.jpg

70_202310131130312b5.jpg


ところが、機物神社ホームページには、こんな記載が。

機物神社宮司 中村武三
機物神社の呼称及び七夕伝説との結び付きについては諸説ありますが、一説によると、古代、枚方市「津田」を「秦田(はただ)」、交野市の「寺」を「秦山(はたやま)」、「倉治(くらじ)」を「秦者(はたもの)」といっていた時代がありました。
神社の名称はこの「秦者」の人たちが祀る社ということで、「ハタモノの社」が本来の呼び名であったと思われますが、 後に七夕伝説と結び付けられて、「秦」の機織りの「機」に換えて現在の機物神社のイメージ作りが行われたといわれています。
起源は古く四~五世紀にあるとも考えられますが、五~六世紀の頃に秦氏に代表される交易商人によって組織された養蚕布織の技術を持った民が大陸から渡来して、一部の集団が東部産地の麓に定住した時といわれています。



なんと、秦氏と七夕伝説が結びついていたのです。
七夕は古代中国の乞巧節(きっこうせつ)が起源のようですが、秦氏が持ち込んだのでしょうか。

  ★

この交野山から真北には、秦氏の本拠地である京都太秦が位置します。
反対の真南には、前述の奈良県御所市朝妻付近

やはり交野山の巨石信仰も、実は幾重にも隠された複雑な歴史が潜んでいるように思います。

天野川をまたぐ二つの神社と七夕信仰、そして「朝妻」と秦氏。
これらが米原と交野に、双子のように存在するのです。これは単なる偶然なのでしょうか?

つづく


三つクリックしていただくと、ネタ探しの元気が出ます。よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

No title

おはようございます。
「七夕神社」福岡県小郡市にもあったなと拝見しました。
秦氏と七夕伝説結びつきましたね。
ところで先日宮崎県北を旅してきました。
今その記録をまとめています。
美々津の「立磐神社」
本殿裏手に巨岩があって
そういえばsazanamijiro様も訪問されてたなと。
遡って再度拝読しました。
リンクと引用させていただきたいとのお願いです。
本日アップ予定です。
もしかしたら
許可なくのアップになるかもしれませんが
その際はお許しください。

Re: No title

tor様

おはようございます。美々津シリーズを読ませていただいて「美々津って、こんなに素敵な街だったんだな。じっくりまわるべきだった」と、後悔しております😭
なんせ、目的の磐座とかの写真を撮ると、さっさと次に急ぐので、その土地の風土や文化を味わうことがあまりできていません。ちょっと反省しています。
拙ブログが何かのお役に立てるのでしたら、どんどんお使いください。こちらもまた改めて紹介させていただきます。



No title

おはようございます。
リンクと引用させていただきました。
ありがとうございました。
このあと
寄り道しながら大御神社にお詣りしました。
大御神社関連のブログも
再度拝見しました。
「神さん山」にも行きたかったです。
近くまでは行ったのですけど···

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア