fc2ブログ

記事一覧

彦島八幡宮とペトログラフと「泳ぐ岩」の謎

古代文字のペトログラフについては、以前にも記事にしています。しかし、その中心的な存在である山口県の彦島八幡宮には参拝したことがありませんでした。
今夏、やっと行くことができたので報告したいと思います。


11_convert_20230820214420.jpg

12_202308202158453e7.jpg


彦島八幡宮は、広い駐車場と立派な門で、思いのほか堂々としたお社でした。


22_convert_20230820214859.jpg

24_2023082021584583f.jpg

25_20230821132705dab.jpg

21_20230820215855cb5.jpg


ペトログラフというのが、この岩のようです。


41_20230820215904d51.jpg

42_convert_20230820215310.jpg


神社ホームページには、こう記されています。
ギリシャ語で、ペテロ:peteroは、岩を意味し、グラフ:graphは、文様や文字を意味する。古代人が岩石に刻んだ文字や文様の事で、「原初文字」と言われるものである。
ペトログラフの研究は、今世界的に広がっていて、日本でもたくさん発見され、6,500年前には、文字を使う人々がこの列島にいた事が事実として受け入れられている。


関門海峡の「武蔵・小次郎の決闘の場」として有名な巌流島を真下に見下ろす形でこんもりとした丘陵、それが、杉田丘陵である。その頂上に1メートル角大の岩が数個あり、最も大きい平たい岩に不思議な絵とも文様ともつかぬものが見つかったのは、大正13年(1924年)の事であった。
「恐れの杜(おそれのもり)」、「祟り岩(たたりいわ)」と呼ばれたり、「こっそりと願い事をすると叶えられる岩」として地元では、よく知られていた。


この遺跡の岩から、合計30個のペトログラフが検出され、それらの文字は、セム語系(シュメール、バビロニア文字)と北方ツングスのエニセイ文字系のものが入り混じったものである事が指摘された。 その多くの文字は、紀元前2000年から紀元300年頃までの幅広い年代のもので、発掘品がないために、絶対年代の特定は出来ない。
しかし、「古代のいつの時代か、シュメール文字を知っていた集団が何らかの形で彦島に上陸し、祭祀(さいし)をした神殿ではないか。」と推定する学者もいる。


彦島八幡宮境内にぺトログラフのある神霊石が、安置されたのは、昭和57年5月の事である。
もともと境内にあるものが発見されたのではなく、運び込まれたものである。


右図の解読により杉田丘陵した海岸神殿のものと見られるこれら7個の岩は「日の神や大地の女神、大気の神、天なる父神などに、豊穣をもたらす雨を、男女神にかけて、日の王(日子王=古代彦島の王)が祈り奉った」と解釈できる。


これらがすべて歴史的事実であるならば、大変な発見であるわけですが、それ以後研究が深まって盛り上がってきた、とは言えないようです。まったく無視する歴史研究者も多いのでしょう。

ペトログラフの岩は、、見やすいように白い塗料で重ね書きされていたようです。


43_202308202159036e7.jpg


しかし、明確に彫られているようには見えませんでした。やはり、見ようによっては・・・という程度なのでしょうか。

比較のために、海外のWikipediaに載るペトログラフを再掲します。


10_202306241410357b2_20230822093429065.jpg
9_202306241410332be_20230822093426436.jpg
7_20230624141030eed_202308220934240d8.jpg
7_20230624141030eed_202308220934240d8.jpg
8_20230624141031450_20230822093424576.jpg
04_202306251041305a1_20230822093422fb8.jpg
03_20230625104130b51_20230822093420539.jpg


  ★

境内のペトログラフの来歴について、いろいろお聞きするために社務所を訪ねました。


51_20230820215900a91.jpg


すると宮司様がおられて、丁寧に笑顔で説明してくださいました。

それによると、宮司様ご自身はペトログラフの専門家ではないので、詳しいことはわからないそうですが、貴重な資料をお譲りいただきました。

下は、その一部です。


61_20230821131102dee.jpg

62_202308211311077bb.jpg


大変貴重な資料ですので、興味のある方は参考にしていただけると幸いです。

 ★

ペトログラフ以外に、宮司様のお話で大変興味深いことがありました。ペトログラフの岩の来歴です。

もともとこれらの岩は、かつて海の中にあったそうです。場所は三菱重工の下関造船所と巌流島の間。宮司様は
「なかなか信じがたい話ではあるのですが・・・」
と前置きしながらも、
「この岩は、知らない間に勝手に移動していたそうです」
といわれました。(由緒書きには「泳ぐ岩」と表現されています。)

そして、勝手に移動して船の進水時に船体に傷でもつくと大変なので陸に上げたところ、ペトログラフが発見されたそうです。
一方、すでに大正時代には彦島の杉田丘陵の頂上でペトログラフが発見されており、「恐れの社」や「祟り磐」として地元で畏怖されていましたが、それと一緒に昭和57年より境内に奉安したそうです。

「海中を移動する岩」「泳ぐ岩」・・・なんとも不思議な話ですね。「祟り磐」というのも無気味です。
江戸時代以前なら、そんな伝説が信じられていたとしても驚きませんが、三菱重工下関造船所も絡んで語られる現代の奇談ですから、解釈に苦しみます。
しかも丘陵の頂上にある岩が畏怖されているというのですから、訳ありの奥津磐座として、原始神道の信仰スタイルかもしれません。


なお境内には、昭和33年8月に山口大学の小野教授が発見した宮の原遺跡があり、縄文前期後期の土器や石族、石斧、石錘、石砥等三千余点が出土し、古代人の居住が確認されたそうです。


31_convert_20230820215034.jpg

32_convert_20230820215139.jpg

昭和34年の発掘調査では、「曾畑式土器」が多く出土したとか。

  ★

参考のために、類似の遺跡かもしれないお社等を載せておきます。

鳥取市福部町栗谷の坂谷神社は、JR福部駅の背後の山中にあるお社です。


71_202308211311076ad.jpg


すでに江戸時代から、豊国文字(とよくにもじ)などの古代文字や、矢を射る人間や鳥などの古代線刻が存在するといわれてきました。しかし何回見ても、これがそうだという模様や文字がわかりません。


72_20230821131108ab3.jpg

73_2023082113111258b.jpg


岐阜県中津川市蛭川にある天佑稲荷の古代文字の御朱印。


75_20230821131112ddb.jpg
(『物欲子(ぶつよくこ)のブログ』様、2021-01-07の記事からお借りしました。)


岡山県備前市香登本の大内神社。


81_20230821131115086.jpg

82_202308211311192f1.jpg


一説によると、これは神代文字の中でも『阿比留文字(アヒルモジ)』と呼ばれるもので「おお(ほ)ちのやしろ」と読めるそうです。


次は、滋賀県高島市の三尾里にある、古代文字が彫られたとされる岩です。


85_20230821131120adc.jpg

86_20230821131122f45.jpg

87_2023082113112841d.jpg


安閑天皇を祀る安閑神社の横にありました。


さらに、徳島県の吉野川市船戸と阿波市阿波町を結ぶ岩津橋の下。


91_2023082113113276b.jpg

92_20230821131136605.jpg


郷土の偉人とされる忠君愛国の歌人、岩雲花香翁が孝明天皇(1831-1866)に拝謁後、自作自筆の詩を彫刻させた歌碑があります。不思議な古代文字ですね。阿比留文字と言われているそうですが、ハングルにもよく似ています。


最後は、岐阜県恵那市と中津川市にまたがる標高1128mの笠置山(かさぎやま)
賛否両論ありつつも山中には「ピラミッド・ストーン」や「ペトログラフ(古代岩刻文字)」などの遺跡があると古くから言われているのです。


95_202308211311296b0.jpg

96_2023082113113581c.jpg

97_202308211311350ce.jpg


説明板には、ペトログラフという言葉が強調されています。「水を我らにと祈る」という意味のシュメール文字もあるとか。


というわけで、ロマンと不思議がいっぱいの古代文字の話題でした。


三つクリックしていただくと励みになりますので、よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

岐阜の位山のゲレンデにある「祭壇岩」と呼ばれる巨石にも明らかに古代人が刻んだと思われる線刻がありますね。
何年か前に見に行きました。
絵とも文字ともつかない紋様が岩一面に刻まれていて、これほど貴重なものがなんの保護もされていないこと、専門家が誰も調べようとしていないことが不思議でした。
線刻がある面が上を向いているので、雨で侵食されているでしょうし人も簡単に上に乗れてしまいます。
とっくに劣化、風化していてもおかしくありませんがその割にははっきりと目視確認できたので、時代があまり古くないのか、それとも岩がよほど固いのか。
なぜ専門家が調査しないんでしょうね。

Re: タイトルなし

悠 様

位山の「祭壇岩」にもありましたか。若いころサンデー毎日の特集で、位山調査に参加する予定が私だけ行けなくなり、以来縁がありません。ネットの写真で見るだけですが、たしかに不自然な筋とかありますね。比婆山の条溝石とか吉備中山の磐座とか、不思議な線刻は結構あるようで、何か深い意味があるように思います。
まあ歴史学者はなんでも天然のものとして、無視する傾向がありますから、どうしようもないですね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア