fc2ブログ

記事一覧

巨石や磐座の謎めいた絵文字について

単なる偶然の一致だよ、と言われそうな話題ですが、気楽にお付き合いいただければ幸いです。

これは、滋賀県の琵琶湖東南にそびえる、金勝山(こんぜやま)の天狗岩です。


11_convert_20221127160426.jpg

12_convert_20221127160510.jpg


早春や晩秋、夕日に照らされ、朱色あるいは金色に染まる岩面に、なぜかアルファベットの「t」のような文字が黒く浮かび上がる時間帯があります。


99_20221127180214f6f.jpg


下の矢印の部分ですが、昼間見ても、特に目立つわけではありません。限られた条件の時のみ、大きく、そしてくっきり浮かぶのです。


13_20221127163815fc7.jpg

  ☆

一方こちらは、近鉄大阪線の竪下駅ホームからも見える、鐸比古鐸比賣神社(ぬでひこ・ぬでひめ神社)の磐座です。


31_20221127163818885.jpg


これが麓の鐸比古鐸比賣神社。


41_20221127163819694.jpg

42_20221127163821d54.jpg


ここにも、山中の磐座に「t」のような線状の窪みがありました。


71_2022112716383390f.jpg

72_20221127163834e66.jpg

 ☆

まあ、風化と浸食によってできた、どこにでもある現象だとするのが普通でしょう。
聖なる磐座に、刻みを入れるわけがない、という意見もあろうかと思います。

しかし、古代の人が何らかの祭祀的目的で、人工的にマークを刻んだ可能性というのはないのでしょうか。

  ☆

三重県伊賀市高尾に、「忍者発祥の地」とも称される不思議な場所があります。
千方窟」です。


51_202211271638230e1.jpg


これは磐座というべき柱状節理の岩壁なのですが、自然石に後世的な文字が彫り込んであります。


62_2022112716382665a.jpg


一部が石碑化しているわけですね。

  ☆

こちらは和歌山県有田郡有田川町に鎮座する田殿丹生神社


82_20221127163922103.jpg

81_2022112716383305c.jpg

83_2022112716392590d.jpg


背後の神体山に立つ巨岩には、明らかに何かのマークが描かれています。


91_20221127163928fd9.jpg

92_20221127163927506.jpg


「丹生」という言葉が示すように、水銀朱で書かれたシンボルである可能性があります。

というわけで、何気ない窪みや模様の中に、ひょっとすると意外な古代の謎が秘められているかもしれませんね。

三つクリックしていただくと、ネタ探しの元気が出ます。よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

No title

2枚目の写真の天狗岩の後方左側の岩を見ると水平
にはっきりとした亀裂が入っています。
おそらく此の岩峰は花崗岩だと思われますので、
柱状節理の崩壊で高度を下げている最中と思われます。
ただ、この山の柱状節理は明確な特徴がわかりにくい。
熱変性を受けた時に、同時に褶曲を受けているみたいです。
でも天狗岩自体のT字模様は柱状節理には見えないですね。
人工的なモノの可能性はあるかも。

Re: No title

形名 様

ありえない妄想だと言われても仕方がないところ、「可能性」の余地を残していただき、ありがとうございます。
またせっせと事例を集めます(^^♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア