fc2ブログ

記事一覧

岬の絶景・阿伏兎観音と桂浜と明神岬

海辺に突き出した岩場や崖には、しばしば神社仏閣があります。
そんな岬では、それほど高さはなくとも、大海原が見渡せて絶景です。
海から来る神様が最初に依り付く、岬の巨石群という見方もできます。

まずは、広島県福山市、沼隈半島の南端にある阿伏兎観音(あぶとかんのん)です。


IMG_3880_convert_20190213121646_202111162213163ed.jpg

IMG_1347_convert_20190213120448_20211116221311dc5.jpg


ここは阿伏兎ノ瀬戸をはじめとした瀬戸内海の航海の安全を祈願するため、992年に花山法皇によって創建されました。
断崖の上に立つ朱塗りの観音堂は、毛利輝元により創建されたもので、国の重要文化財に指定されています。


IMG_1359_convert_20190213120942_20211116221306a43.jpg

DSCN4932_20211116221248e01.jpg

IMG_3772_convert_20190213121309_20211116222453f88.jpg


意外にも、いわゆる「おっぱい絵馬」が所狭しと置かれていました。


IMG_1372_convert_20190213121221_202111162213062a8.jpg


鮮やかな朱塗りの観音堂は、単に観音信仰として安全を祈願するだけでなく、建物自体が灯台のような役割を果たしていたと思います。

  ☆

よさこい節で「♪月の名所は桂浜~」と歌われる、高知市の桂浜。


IMG_0168_convert_20180808232721_20211116221255a70.jpg

そこには、海津見神社(竜王宮)がありました。


IMG_0165_20211116221302f6b.jpg

IMG_4558_convert_20180808233405_20211116221319617.jpg

IMG_0197_convert_20211116221345.jpg


ここの説明を見て驚いたのは、「桂」は「勝浦」でもあると書かれていたことです。


IMG_0175_convert_20180810085757_202111162212546a5.jpg


そういえば、和歌山と千葉と徳島には「勝浦」という地名があります。
みんな兄弟地名だったのですね。

また、『徳島県史』にある勝浦郡の地名の由来の中で、
桂の木は海人(アマ)の信仰する聖樹であり、賀茂の祭や松尾神社にかかわる桂も、海神系だと記されているそうです。

・・・しかしそれって、
「嵐山・松尾へは、桂駅で嵐山線にお乗り換え下さい」
と阪急電車でアナウンスされてる、あの桂やがな(@_@。

いずれにしろ各地に残る「勝浦」「桂」地名には、祭祀的な由来があったようです。
その由緒を念頭に、海岸の岩上にある竜王宮を見ると、いろいろ感慨深いものがあります。

  ☆

淡路島は南北に長い島ですが、その中央あたりの西側海岸に、明神岬があります。
鳴門方面から県道31号線を北上していると、大きな岩がごろごろしている、海に突き出した岬ですから、すぐわかります。


IMG_1871_convert_20171030162251_20211116221313836.jpg


この岬の上には、西濱大明神という神社があります。


IMG_1863_convert_20171030162130s_20211116221300efa.jpg


その社殿の背後は、大規模ではないものの断崖絶壁で、下にはこんな奇妙な岩と洞窟がありました。


P1380246_convert_20171030163104_20211116221319ad5.jpg

中から見ると、

IMG_1809_convert_20171030161813_2021111622131772e.jpg


はたしてこの沖合を航行する海の民は、この謎めいた岬をどのように感じていたのでしょうね。
私たちは鉄道や車の視点ですから、観光地の遊覧船にでも乗らない限り、海からの視点はありません。
しかしほんの百年ほど前までは、海こそが新幹線であり、高速道路でした。

海から見る視点も、伝統信仰を考える時には欠かせないなと思います。

興味を少しでも持っていただけましたら、ポチよろしくお願いいたします(^^♪

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア