fc2ブログ

記事一覧

弁天島(紀の松島)の白蛇信仰

和歌山県那智勝浦町の観光桟橋から、「紀の松島めぐり」の遊覧船に乗ります。


IMG_2798.jpg


すると、遠くの島に赤い鳥居が見えるので、望遠レンズで撮影。


IMG_2883.jpg


意外に陸地に近そうです。いったいこの島には何が祀られているのでしょう。

  ☆

港に戻って、鳥居の島を目指します。
海のホテル一の滝の裏側に位置していたのが、この島でした。


IMG_3095.jpg


IMG_0811.jpg


DSCN8332_convert_20200824110936.jpg


名前は、弁天島。

干潮時には陸続きになって、歩いて渡ることができるそうです。
この日は大潮の満時に近い時刻なので、歩いて渡れそうではありません。

望遠レンズでアップします。


IMG_3099_convert_20200824111710.jpg


IMG_3107_convert_20200824111820.jpg


岩壁にくぼんだ所があり、そこに祠が見えます。

あとで調べると、白蛇弁天が祭られており、商売繁盛や航海安全にご利益があるそうです。

更にここからは、那智の滝を眺めることができるとか。
ひょっとして、那智の滝を白蛇に見立てたのかな??

ちょうどその時、一人の女性が海を渡って島に近づいていました。


DSCN8340_convert_20200824111553.jpg


DSCN8354_convert_20200824115320.jpg


島や岩の大きさがわかるので、大変失礼ながら後ろ姿を撮らせていただきました。


IMG_3131_convert_20200824111913.jpg


以前に書きましたが、熊野本宮はかつて熊野川の中州にあり、川を渡って参拝する様式でした。
ほとんどの神社では、手水舎で手や口をすすぎますが、清らかな川や海の水を渡る事こそが、身を清めて神に近づく正式な作法だったのでしょう。

海を渡って参拝するこの女性は、古式の作法を守る、最も敬虔な参詣者さんなのでしょうね(^^♪

  ☆

陸からほど近い弁天島は、日本各地の海岸にたくさんあります。
出雲大社にとって重要な存在である、稲佐の浜の弁天島。


P1640267[1]


IMG_1303_convert_20180621163033[1]


この島は、かつて海の中だったと言われます。祭祀時には足を濡らして渡ったのでしょうか。それとも、紀伊勝浦の弁天島のように、干潮時には簡単に渡れたのでしょうか。

実は、干潮時にだけ渡れる弁天島も結構あるように思います。

例えば、能登半島先端部の恋路海岸にある弁天島。


IMG_5974_convert_20181213154038[1]


IMG_5998_convert_20181213115948[1]


勝浦と同じ南紀串本の橋杭岩にある弁天島。


IMG_0063_convert_20170706134412_20180521154522f03[1]


DSCN0828_convert_20180521152647[1]


海中の島ですが、大潮の干潮時には、普通に歩いて渡れます。
普段は海の中にある、干上がった岩の間を歩いて近づくわけです。


DSCF4421[1]


これが弁天島の中です。


P1630049_convert_20180521153703[1]


DSCF4449_convert_20180521151257[1]



普段は足や体を清らかな水に浸して渡るのだけれど、大潮などの干潮時にはタイムサービス的??に、そのまま濡れずに渡れるということに、何か重要な意味があったのかもしれませんね。


なんとか記事を続けています。三つクリックしていただくと大変励みになりますので、よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア