fc2ブログ

記事一覧

もののけ姫の秘境・屋久島の神々と絶景

その幻想的な雰囲気が、宮崎駿監督のアニメ映画「もののけ姫」の深い森のモデルだと言われる屋久島。
屋久島には、山や岩や川や杉など、自然界のものを崇拝する、日本古来の信仰形態が色濃く残っています。
そして山は高く、雨は多く、道は険しいという、なかなか大変な秘境です。

まずは、雄大な岩峰。


IMG_0262_convert_20200522003935.jpg


IMG_0263_convert_20200522004057.jpg


IMG_0270_convert_20200522004152.jpg


IMG_0578_convert_20200522004430.jpg


海岸沿いから深い森に入ると、こんな雰囲気です。


IMG_0725_convert_20200522004532.jpg


IMG_0728_convert_20200522004633.jpg


IMG_0729_convert_20200522004807.jpg


IMG_0745_convert_20200522004907.jpg


IMG_0826_convert_20200522005311.jpg


そして、森を何時間か歩くと、こんな景色が出てきます。


IMG_0757_convert_20200522005007.jpg


IMG_0709_2020052200580469f.jpg


IMG_0805_convert_20170701222354_20200522005741ad0.jpg


たった百メートルの山道が、こんなにも遠いのか・・・そう嘆息するような、高低差あり、木の根ありの歩きにくい道があちこちにあります。
その道を外れれば、遭難しても不思議はない本格的な山歩きです。


IMG_0733_convert_20200522011402.jpg


これはもう、夜中には精霊や神様や天狗さんやら貞子さん?やら、いろんな神霊や魑魅魍魎がうろうろしていそうな雰囲気です。
もののけ姫がいても、まったく不思議ではない雰囲気(^_-)-☆



大きな滝はいくつかあります。


IMG_0370_convert_20170701220756_20200522005734c36.jpg


IMG_0502_convert_20170701220928_20200522005739fc7.jpg


しかし、はるか絶壁に流れる名もない滝も。


IMG_0268_convert_20170701220234 - コピー


IMG_0287_convert_20170701220639[1]


IMG_0266_convert_20200522012430.jpg


上のように、望遠鏡や望遠レンズでないと分からない滝があちこちにあるのです。


また、神社の背後には、しばしば神体山と思われる岩峰などが望めます。
このお社では、鳥居の彼方に、目立った岩峰。


IMG_0671_convert_20170701221656_202005220057421c8.jpg


IMG_0586_convert_20170701221344_202005220057398e5.jpg


このお社には、白い磐座がたくさんありました。岩峰におわす神霊の依り代なのでしょうね。

また別のお社の背後には、巨大な露岩が目立つ綺麗な山。
天空から峰の岩盤に降臨した神が、さいごにこのお社へ導かれるのでしょう。


IMG_0305_convert_20200522004245.jpg


IMG_0317_convert_20200522004345.jpg


岩窟のお社も。


IMG_0066_convert_20170701222600_20200522005637967.jpg


IMG_0067_convert_20170701221231_202005220056569fe.jpg


上は一湊の矢筈嶽神社です。
神体山らしいきれいな三角形の山の海岸沿いには、種子島につながっているとされる洞窟が口を開いています。
ご神体は海に浮き上がって来た石とされ、白い布に包まれていると言われます。
まさに神秘のお社ですね。


まさにもののけ姫の世界観。 
飛行機に気兼ねなく乗れる時期が来たら、またぜひ探検したいと思っています。


IMG_0205.jpg


なんとか記事を続けています。三つクリックしていただくと大変励みになりますので、よろしくお願いいたします(^_^)/~
にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村

神社・仏閣ランキング

コメント

行きたいです!

いつも美しい写真と楽しい記事をありがとうございます。
屋久島とはこんな感じの島でもあるんですね。愚生の大学時代、ワンゲルに近い同級生たちが、1年に366日降る雨と蒸し暑さと頭上からポタポタ落ちて来る蛭に耐えて宮之浦岳に登頂した話を聞かせてくれたので、ちょっと敬遠していたところがあります。昨今、パワースポット巡礼が流行して、縄文杉に行きたいかなぁと思っていたのですが、何せ、人がわさわさ押し寄せているTVの画像を見て二の足を踏んでおりました。
こんな静かなところもあるんだったら、一度行ってみたいです。

Re: 行きたいです!

鯨 様

頭上からポタポタ落ちて来る蛭・・・いやー、気持ち悪いですね。妻は一度、靴下の中に入り込んで皮膚から血を吸ってのたうちまわる蛭に出会ってからは、蛭がいる季節にアヤシイ山へは行きません。ですから、屋久島も冬に行きました。山の上は、ハシゴなんかが朝方は凍っていました。
でも、屋久島はすごい所ですね。古い信仰が残り、大自然が広がり、最後の秘境という感じです(^^♪

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア