fc2ブログ

記事一覧

日向石神社とストーンサークル

(前回の続きです。)これは、岡山県瀬戸内市長船町磯上の日向石神社跡に残る磐座です。 ここからもう少し山道をたどると、ストーンサークルがあるということで、行ってみました。累々とした巨石を発見。果たして・・・・巨石群の中心かと思われる平石がありました。ここが祭祀の中心部なのでしょうか。周囲にも巨石群。明確にストーンサークルかというと、よくわからないというのが正直なところです。元は円形だったものが、風雨...

続きを読む

日向石神社の祇園天王磐座・理解困難な巨石群とは?

祇園天王磐座(ぎおんてんおういわくら)は、岡山県瀬戸内市長船町磯上に残る磐座遺跡です。グーグルマップにも記載され、それを頼りに進むと、こんな場所までは車で行くことができます。特に磐座参拝用の駐車場はありませんが、地元の方の迷惑にならないよう車を置くスペースはあるようです。ここから山へと歩き出すと、こんな道案内に導かれます。そして10分ほど歩くと、こんな場所に到着。巨大な磐座が、石積みに取り込まれてい...

続きを読む

何とも奇妙な「ヒトガタ岩」とケルト文化

その成因はともかく、人間や動物などの顔に見えなくもない「人面岩」「顔面岩」というのはけっこう存在します。これは、金生山明星輪寺です。下を向いた顔にも見えますよね(@_@)いっぽうこちらは、高尾神護寺の虚空蔵菩薩像。明星輪寺も虚空蔵菩薩を祀ります。ひょっとしたら、宝冠を着した虚空蔵菩薩が下界の衆生を向いているお姿が、この明星輪寺の核心部分ではないかと思うのですが、明星輪寺のホームページにもその他の参拝記...

続きを読む

俵石・オンリーワンの存在感

兵庫県淡路市高山甲の俵石へは、旧山田小学校の東南側から登ります。校舎が上のように見える場所に、道標がありました。ここ以外にも、道標はあちこちにあるのですが、俵石へはすべて「危険」と書かれています。まあ自己責任で行ける所まで行って、可能なら望遠で写すことにして進みます。鳥居からは急な参道なのですが、そこにもまた「危険」の注意が。よほどの事態が待ち受けているのでしょうか?  ★一部崩落して歩けない急な...

続きを読む

吉野ヶ里遺跡と「謎のエリア」の線刻

吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、教科書にも載る超有名な遺跡です。佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる、弥生時代の大規模な環濠集落跡です。遺跡のエリアが広いため、ミニ路線バスで移動することもできます。まずは厳重な防御施設から。建物もなかなか立派です。発掘跡も見られます。  ★さて、このブログ的には、祭祀に関係する場所がメインとなります。こんなところで、卑弥呼のようなシャーマンが託宣をしていた...

続きを読む

縦島と横辺島・葬送の島に秘められた過去

陸地から少し離れた小島や岩礁に、鳥居や祠などがある光景は全国各地にあります。たとえば、岡山県の笠岡港から出てすぐに見える、弁財天五重塔。詳細は不明ですが、五重塔設置以前からある、古い岩礁信仰・島嶼信仰なのでしょうね。さて、笠岡港から離島へ向かう定期船からは、何とも不思議な島が二つ見られます。その一つが縦島。もう一つが横辺島。どちらも、神霊の依りつく岩礁のように見えるのですが、鳥居や石の祠などは一切...

続きを読む

雨乞山と加茂神社(淡路市)の巨石信仰

神社の奥宮やご神体としての巨石・磐座祭祀は、神社それぞれの祭祀スタイルと関係が深いのでしょうか?そんなことを考えさせてくれるのが、兵庫県淡路市生穂の雨乞山です。グーグルマップでも検索可能な雨乞山へは、山麓南側のこんな場所が登山口です。この北側100mほどには、広い駐車スペースもある便利なところです。山道をしばらく上ると、こんな景色に出会います。巨大な岩はあまりないのですが、累々とした岩石は何か特別な...

続きを読む

交合石と神籠石の解けない謎

淡路島は巨石信仰・磐座信仰が目立つエリアですが、その一つである交合石を紹介します。淡路市入野山田と洲本市五色町鮎原とにまたがる秋葉山(標高230m)頂上に位置するため、北西側の山麓から、林道を通って登山道に入ることになります。たった一つある案内板。このルートでいいのかと疑う気持ちがスッキリ(^^♪しばらくすると尾根上を歩くことになります。坂が急になり、頂上部の岩が見えてきます。拝殿の後ろに鎮座するのが、...

続きを読む

ゴトビキ岩と神武天皇と聖剣フツミタマ

物部の本拠地、石上神宮の奥の院ともいわれる八つ岩と、ここに刺さっていたという伝承がある聖剣の記事が前回でした。今回は、記紀神話の従来の解釈を変更すべきではないかという、大それた記事です(^_-)-☆ではまず、和歌山県新宮市、速玉大社摂社の神倉神社から。ここは、ゴトビキ岩の巨石信仰・磐座信仰を起源とするお社とされます。速玉大社のホームページには、神倉神社は、熊野大神が熊野三山として祀られる以前に一番最初に...

続きを読む

「八つ岩」と物部の聖剣

巨石や磐座に興味のある方、あるいは物部氏について研究しておられる方にとって、かなり重要ではあるものの、到達が困難な場所にあるのが、奈良県天理市長滝町の「八つ岩」です。名阪国道の福住インターから南西方向に、三甲リース天理センターさんの敷地がありますが、その西側の細い道路沿いにある下の地点(鉄塔とガードレールの表示)が出発点となります。軽乗用車程度なら、インターから時計回りにここへきて、側溝ギリギリに...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア