fc2ブログ

記事一覧

樂樂福神社と鬼・「鉄は国家なり」

(今回は、地味でお気楽な話題ですが、お付き合いくださると幸いです。)た、大変です、巨大な鬼が建物の上に出現⁉こっ、これはもう、ウルトラマンか進撃の巨人の調査兵団を呼ぶしかない。皆様もそう思われたに違いありません。(・・・そんなやつおらんやろ!)しかしご安心ください。すでに鬼は、第七代孝霊天皇(『日本書紀』では大日本根子彦太瓊天皇)が退治されていました。ほっとします。(・・・えらい古い話やないか。し...

続きを読む

赤猪岩神社・大国主を焼き殺した「厄の元凶」を封じた岩

赤猪岩神社(あかいいわじんじゃ)は、鳥取県西伯郡南部町にある神社。主祭神は、前回登場した『大国主命』です。拝殿の横に、奇妙な説明板がありました。「厄の元凶」が二度と掘り返されることがないように土中深く埋められ、大石で幾重にもフタがされているというのです。よほど恐ろしいものが埋められているのですね。奇妙な木の根を見ながら、拝殿の背後に回ります。そしてこれが、何か恐ろしいものを埋めてフタをしたという巨...

続きを読む

阿陀萱神社・隕石落下と大国主命と・・・

鳥取県米子市橋本の阿陀萱(あだかや)神社は、謎に包まれた神秘のお社です。まずは、ひと気のない、寂しい林道。これが本当に参道なのか、迷うような雰囲気です。日が暮れると恐ろし気な、森の中の池を横に見て歩きます。しばらく歩くと、森が開けて、急に立派なお社がありました。誰も人は見かけません。  ★主祭神は阿陀加夜奴志多岐喜比売命(アダカヤヌシタキキヒメ)なのですが、その由緒は謎めいています。大国主命が兄神...

続きを読む

どちらが本物なのか?・猿田彦神と椿大神社の謎を推理する!

(前回の続き)三重県鈴鹿市山本町に鎮座する、伊勢国一宮の椿大神社。猿田彦神を祀ります。神体山や壮大な磐座が神秘的な、日本を代表する古社の一つです。一方、同じ鈴鹿市の一ノ宮町に、やはり伊勢国一宮の都波岐奈加等(つばきなかと)神社が鎮座。つまり、伊勢神宮のおひざ元なのに、伊勢国一宮のお社がなんと二つもあるわけです。どちらも「つばき」神社で、猿田彦大神を祀る全国のお社の総本社とされます。これは一体、どう...

続きを読む

椿大神社に偽物がある?・まさかの疑いが浮上!

三重県鈴鹿市山本町の椿大神社。伊勢国一宮で、三重県では伊勢神宮・二見興玉神社に次いで3番目に参拝者数の多い神社だそうです。 ★さて、椿大神社は猿田彦大本宮とも呼ばれ、猿田彦大神を祀る全国のお社の総本社とされます。上の絵図にも描かれるように、背後の入道ヶ嶽は神体山で、境内からこの山にかけてたくさんの磐座が存在する由緒深い古社なのです。これは境内の御船の磐座。神社の案内には、謡曲「鈿女」(うずめ)にうたい...

続きを読む

鬼岩(大田市)・奇怪な岩の鬼伝説

島根県大田市大屋町の山間部、対向車が来たら片方がバックという細い道の先に、『鬼岩』(島根県天然記念物)という奇妙な岩がありました。高さ20m程度の奇岩の表面に,まるで虫に食われたかのような『タフォニ』と呼ばれる窪みがいくつもあいています。ここには、こんな伝説があります。昔々、近くの山に鬼が住んでいました。ある日、鬼があらわれ、「城をこの村につくらせてくれ」と村人にいいますが、きっぱりと断わられます。...

続きを読む

日本のピラミッド外伝・昭和の証拠写真で推理!

下の写真をご覧ください。「紅かす山ピラミッド説のロマン」という一年前の記事で、この山が人造丘ではないかという妄想推理を載せました>今回、昭和の時代に撮影された古い証拠写真を発見しましたので、再度論じたいと思います。 ★かつてサンデー毎日が、大々的に「日本のピラミッド」特集を組んでいたことは、今まで何度も載せてきました。現代社会ほどロマンが消失した時代はないのではないでしょうかという文で始まるアピール...

続きを読む

日本最古級『花の窟神社』の間違い探し⁉

古い写真を整理していたら、三重県熊野市有馬町に鎮座する「花の窟神社(はなのいわやじんじゃ)」の古い白黒写真が出てきました。『日本書紀』(神代巻上)一書によると、イザナミはカグツチ(火の神)の出産時に陰部を焼かれて死にました。そして「紀伊国の熊野の有馬村」に埋葬され、以来近隣の住人たちは、季節の花を供えてイザナミを祭ったと記されています。ところがこの白黒写真には、色がないだけでなく、どうも違和感を覚...

続きを読む

龍御前神社・まさに奇跡のご神体

ここは、島根県大田市の温泉津温泉(ゆのつおんせん)です。港から延びるメインストリートも、なんとか車がすれ違える程度の小規模な温泉町でした。そのメインストリート沿いに、龍御前(たつのごぜん)神社が鎮座しています。海の安全と無病息災を祈願する神様として、古くから地元の人たちの厚い信仰が続いてきました。神社が正式に創建されたのは1532年ですが、それよりずっと以前から崇拝されてきたと言われています。さて、こ...

続きを読む

神魂神社の秘められた磐座とUFO?説

出雲を代表するお社といえば、現在は出雲大社でしょうね。しかし、過去にはその出雲大社(旧名は杵築大社)より歴史的な意味で重要だったお社も複数あります。そのひとつが、松江市大庭町に鎮座する神魂神社(かもすじんじゃ)だと思います。出雲大社の宮司である出雲国造家では、国造が死去すると葬儀をすることなく、後継ぎは直ちに神魂神社に参詣し、神魂神社の神主と2名のみで神火相続の儀式を行うそうです。神魂神社の重要性が...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア