fc2ブログ

記事一覧

出雲の磐船神社

体調は万全ではないのですが、久しぶりに遠出しました。現在は島根県の片隅の、小さな和風旅館におります。何の物音も聞こえない、静かな所です。旅先ですので、本日探訪した場所の予告編を載せたいと思います。  ★岩船・磐船という奇妙な信仰対象が、全国各地に存在します。なぜ岩石という重い素材が、わざわざ水上を行く船として、あるいは空を飛び回る飛行体として語られてきたのか、何とも不思議に感じます。というわけで今...

続きを読む

藤原鎌足という不都合な真実と巨石文化・鎌足は百済王子?

先日は、鎌足の古墳である可能性が極めて高い阿武山古墳から見ると、公式には継体天皇陵古墳とされてきた大田茶臼山古墳の彼方に、藤原氏の氏神である枚岡神社が正確に位置することを記事にしました。(もちろん、中臣氏と継体天皇は、ここ三島で緊密な関係であったという事実を基にした推論です。)今回は、阿武山古墳から見る、もう一つの継体天皇陵古墳たる、今城塚古墳の彼方に何が位置するかを書きたいと思います。 ★下の地...

続きを読む

笠置山の巨石文化探検のススメ

京都府の笠置山については、何度も記事にしています。今回は、そのまとめとお願いの記事になります。相変わらずマニアックな巨石妄想ですが、テキトーに笑って読んでいただければ幸いです(^^♪笠置山は、歴史的に見ると、きわめて特殊な山です。まずは頂上部の超巨石と、弥生時代の出土物である有樋式石剣。巨大な岩の隙間に乗り、落ちそうで落ちない巨大な丸石には、人為的なものを感じます。さらに、大仏で知られる東大寺とは、謎...

続きを読む

伊勢神宮に隠された巨大古墳を再考する‼

夏至と冬至、あるいは春分と秋分の朝日や夕日が、特別に重要な意味を持つ古代遺跡は世界各国にあります。下は、アンコールワットです。春分と秋分の朝日が、中央の塔の上に昇ります。この瞬間、これを一目見ようと詰めかけた数百人の人々から、大きなどよめきや拍手が聞こえるのです。この現象のために、高度な計算と設計がなされたと言われます。次は、5500年前に造られた、マルタ島の神殿です。ここは春分と秋分の日の朝日が、神...

続きを読む

鬼が城・花の窟神社の奇観と魔見ヶ島

村上選手の逆転サヨナラ打で、歓喜のWBC決勝進出‼ いやー、最終回はらはらしましたね😭ところで、開催地のマイアミは、人口の6割がヒスパニックかラテン系なのだそうです。言語面でもスペイン語が飛び交い、英語がまったく分からなくともスペイン語で生活できるという、事実上のスペイン語圏なのだとか。行政や公共交通のお知らせは英語、スペイン語、フレンチ・クレオールの三ヶ国語で記され、運転免許取得の試験は英語かスペイン...

続きを読む

恐山と黄泉比良坂・今もある死霊世界への入り口?

黄泉比良坂(よもつひらさか)とは、日本神話において、生者の住む現世と死者の住む他界(黄泉)との境界とされる場所です。イザナギは亡くなったイザナミに会いたくて、黄泉の国に向かいます。ところが、「決して自分の姿を見ないでほしい」と言ったイザナミの、醜く腐った姿を盗み見してしまうのです。怒ったイザナミが追いかけてきますが、千引の岩(動かすのに千人力を必要とするような巨石)を黄泉比良坂に置いて道を塞ぎます...

続きを読む

三遊亭円楽さんと藤原鎌足の不思議な縁

日曜夕方の『笑点』では、三遊亭円楽さんの後任である春風亭一之輔さんがその実力を発揮していますね。ところで皆様は、亡くなった三遊亭円楽さんの本名をご存じでしょうか。NHK「日本人のおなまえ」に円楽さんがVTR出演された時、自身の“激レア名字”を明かす場面がありましたので、記憶に残っている方もおられると思います。その激レア名字とは、會・泰通で、読み方は、あい・やすみち。円楽さんが明かされたところでは、ご長男は...

続きを読む

厄済神社と亀岡の異様な神社群

一見、何の変哲もないような、亀岡市曽我部町南条にある厄済神社です。住宅街の中の小さなお社で、駐車場もなく、外部からの参拝者はほとんどないように思えます。ところが、驚くのはこの由緒書きです。これによると、ここは初め、石積みの基壇上に、封土があるだけだったようです。いろいろな古いお社を見てきましたが、まったくイメージが浮かびません。不思議な祭壇?ですね。さらに、祭神の大きな白蛇は、夜になると中山池まで...

続きを読む

榛名神社や井光神社・人面岩と神社仏閣の不思議

人面岩という、お気楽なジャンルの巨石信仰があります(^^♪抱腹絶倒系の人面岩として有名なものは、何といってもコレでしょうね。岡山県玉野市の王子が岳にある、ニコニコ岩さんです。いやー、会社も学校もなく、一日中瀬戸内海と四国の絶景をのんびり眺めながら日向ぼっこ‼笑顔も出るでしょうね。ただし、ここには神社仏閣がなく、何らかの由緒や信仰があったかどうかはわかりません。ニコニコ岩の前には、供物台と思えなくもない...

続きを読む

春日大社の白い磐座と由加神社(倉敷)

これは、先日の記事で載せた、春日大社の白い磐座です。一般的に磐座と社殿が接する場合、社殿の一部を切り取ってでも磐座優先にするのが原則なのに、この白い磐座は白く塗り固められ、柱で踏みつけて、磐座の霊力を意図的に閉じ込めている・・・と推理しました。しかし、「磐座優先」とかの意味がよくわからないという声を聴きましたので、くわしく説明したいと思います。 ★下は、岡山県倉敷市の由加神社です。ここは、磐座がた...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア