FC2ブログ

記事一覧

白嶽神社・対馬の神秘と絶景シリーズ

対馬は、日本本土と朝鮮半島の中間に浮かぶ島です。平安時代の「延喜式」に記載された神社、いわゆる式内社は九州全体で98社ありますが、そのうち29社が対馬に鎮座しています。九州全体の式内社の3割が、この小さな対馬に密集しているわけで、はっきり言って異様です。さらにそこには、古事記・日本書紀に登場する神々がたくさん祀られています。つまり対馬は、日本の神々の原郷のひとつともいえる、神秘感あふれる特別な島でした...

続きを読む

木武古婆神社と宗氏と安徳天皇・日本人の知らない国境の真実とは?

対馬市厳原町内山の山間を走っていると、偶然鳥居が見え、参道が奥へと続いています。どうも気になったので立ち寄ってみると、「木武古婆(きむこば)神社」という不思議な名前のお社でした。説明板によると、初代の対馬島主である宗重尚のお墓なのだと書かれています。神社の境内に古墳があるのは珍しくありませんが、神社に直接お墓があるのはかなり珍しい気がします。静寂が支配する境内の奥へと進みます。なんとなく畏怖感の漂う...

続きを読む

玉置神社の玉石と恵比寿大明神(佐須瀬)の鮮烈

対馬市厳原町の佐須瀬。ここは、龍良山麓を流れる瀬川が日本海に注ぐ、小さくとも陽光穏やかな河口の平野です。このあたりをレンタカーで走っていると、海に続く道の彼方に、神社かお寺の屋根のようなものが遠望できました。どうも気になって、予定のルートを外れて近寄ると、こんな原色の景色があったのです。祠といってもいい大きさの素朴なお社です。しかし土台の石積みは、しっかり頑丈に造られており、おそらくは付近の漁師さ...

続きを読む

潮江天満宮と北野天満宮・坂本龍馬を動かしたのは妙見信仰か?

2010年4月15日付 中外日報の社説に、龍馬の原動力は土佐の妙見信仰という記事が掲載されていました。(ウィキペディアより)提唱者は高知県出身の元参議院議員・平野貞夫氏で、その主な内容は次の通り。龍馬は数え年十九歳の嘉永六年(一八五三)に、修学のため、初めて江戸へ出た。折しも江戸は、米国のペリー艦隊来航という黒船騒ぎの最中である。その江戸で龍馬は、日本がいつまでも鎖国のカラに閉じこもっていることが許され...

続きを読む

石都々古和気神社・時代を切り開くパワーと反骨精神

福島県石川郡石川町字下泉の石都々古和気神社。起源は一万年前とも言われる、由緒あるこのお社のホームページには、英語の案内が書かれています。We can cope with English in this shrine. If you want to do in English ,please tell us in advance,in Japane se.Thank you. Iwatsutsu kowake shrine 当社では英語での対応が可能です 。英語による対応を希望される方 は事前にお問い合わせください。ただし、事前のお問い合わせ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア