FC2ブログ

記事一覧

河童と巨石と『遠野物語』・岩手という神秘

これは、兵庫県福崎町の「辻川山公園」の池に出没する、河童の河次郎(がじろう)さんです。つい先日も、テレビに出ていた人気者なんです(^^♪これらは、日本民俗学の開拓者、柳田国男の故郷ということから作られたものです。(ウィキペディアより)柳田国男は、「故郷七十年」のなかで、市川の河原にある駒ヶ岩とガタロ(河童)についての思い出を書いています。その駒ヶ岩です。この岩周辺にはガタロ(河童)がいて、「お尻をぬかれ...

続きを読む

謎めいた神秘の『顔』をどうぞ・美しき青森県特集

青森県の津軽で、こんな看板が・・・。ひょっとすると、津軽のおまわりさんは、こんな制服なのでしょうか (^_-)-☆これは縄文遺跡から出土した土偶デザインですね。こんな縄文顔も。  ☆次は、入内の石神様。藩政時代、「石神様」としてその霊験が広く宣伝され、日月輪の自然石から湧き出る清水が難病や眼病治癒に効果があったとされます。大祭の陰暦6月16日前後は、参詣する人が後を断つことがなかったとか。明治初年、神仏混淆禁...

続きを読む

祝・ラグビーW杯逆転金星・・・まさかの「ラグビー神社」とは何者?

時事ドットコムで「ラグビー神社」祈願実る=東京・丸ビルでも大歓声-ラグビーW杯というニュースが配信されました。敷地内に建立された「丸の内ラグビー神社」では、午前中から多くのファンが必勝を祈願。PV会場には1000人以上が詰め掛け、ビル内には絶え間なく歓声と拍手が響き渡った。それにしても、「丸の内ラグビー神社」という、なんだか怪しげな神社の正体とはいったい何なのでしょう。 ☆歴史と伝統を誇る京都の古...

続きを読む

ナニコレ珍百景とお稲荷さんと笠地蔵

青森県つがる市の高山稲荷神社は、緑の中に連なる朱の鳥居で有名です。昨夜、朝日放送の『ナニコレ珍百景』で、このお社が登場しました。しかし、鳥居が美しい神社として紹介されたのではありません。テーマはこれです。つまり、お稲荷さんの狐がずらっと並ぶ景観が紹介されたのです。私もここへは行きました。たしかに、大小さまざまな狐がずらっと一列に同じ方向を向いて並ぶ姿は、一種異様な畏怖感がありました。しかし、以前に...

続きを読む

黒住のケヤキ・奇跡のご神木と磐座

神社の本殿にいつも神様が鎮座していると考えるのは、比較的新しい観念だと言われます。かつて神社に社殿がなかった古代、神は岩(磐座)や木(御神木)などに、時を定めて依り来る存在でした。しかし、その二つが一心同体という、見事な例を発見しました。京都府南丹市八木町にある、黒住の大ケヤキです。京都の自然200選にも選ばれた、幹周4. 4m、樹高23m、樹齢推定500年という大木です。この根元をよくご覧ください。巨岩の上に木が...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア