FC2ブログ

記事一覧

赤穂の大石神社・赤穂浪士と兵馬俑の関係?

兵庫県赤穂市の大石神社といえば、赤穂事件において討ち入りをした大石良雄ら赤穂浪士を祀る神社です。その「忠臣蔵」は映画やドラマも数多く制作され、大石内蔵助役の俳優は、市川右太衛門、片岡千恵蔵、長谷川一夫、高倉健、津川雅彦などという、ビッグな人ばかり。この話がいかに国民的ストーリーであるかを如実に示しています。その赤穂浪士を祀る大石神社には、義士の像が立っています。この像は、意外に「リアルでいい」「興...

続きを読む

盛岡の石割桜・巨石と桜のコラボ

岩手県盛岡市には、中心部の市街地に突然現れる巨石信仰があります。市街地というのは、大変珍しいパターンだと思います。そして今回は、その盛岡市の中心部における、木と岩の不思議なコラボを見ていただこうと思います。岩手県盛岡市の石割桜(いしわりざくら)は、盛岡地方裁判所構内にあります。巨大な花崗岩の割れ目から育った直径約1.35m、樹齢360年を越える桜です。見ごろは4月の半ば。今年もきれいな花を見せてくれたので...

続きを読む

加西市の「揺るぎ岩」・揺るぎそうにない「ゆるぎ岩」って何それ!!

いままで、いかにもという感じの「ゆるぎ岩」を二つ紹介しました。今回は、まったく揺るぎそうにない、兵庫県加西市畑町にある「ゆるぎ岩」の紹介です。以前、同じ兵庫県加西市にある、河上稲荷神社の鏡石を記事にしました。その河上神社の一の鳥居から、案内に従って山道に入ります。河上稲荷神社の社殿前から直接山道をたどると、下のようにやがて道は荒れて消えがちになり、迷う可能性があります。一の鳥居まで戻って登ることが...

続きを読む

飛鳥の顔面石とインドネシア文化

奈良の飛鳥周辺には、不思議な岩がたくさんあります。その一つが、顔が彫られた岩です。人とも猿とも亀ともわからない顔が、あちこちにあるのです。近鉄吉野線飛鳥駅の北側にある、大きな欽明天皇陵。その横、小高い丘のような場所に、吉備姫王墓という小さな円墳があります。下の写真は、その中に置かれた不気味な4体の石像で、猿石と呼ばれています。猿石と呼ばれていますが猿ではなく、正体不明の石像です。高さは70㎝~10...

続きを読む

宇多津の三ツ石・正体不明の不思議な巨石

香川県綾歌郡宇多津町にある三ツ石は、正体不明の不思議な岩組みです。国道11号線と浜街道の間にある青の山の斜面に位置し、住宅街の外れといった立地で、特に神社やしめ縄はありません。土台の二つの石は、角度や大きさが人工的に削って揃えられているように見えます。宇多津の情報集積サイト「うたづ情報ナビ」様のブログには、こんなことが記されていました。『讃岐国名勝図絵』に「義阿の墓」(よしあのはか)と伝えている。これ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア