記事一覧

加西市の「揺るぎ岩」・揺るぎそうにない「ゆるぎ岩」って何それ!!

いままで、いかにもという感じの「ゆるぎ岩」を二つ紹介しました。今回は、まったく揺るぎそうにない、兵庫県加西市畑町にある「ゆるぎ岩」の紹介です。以前、同じ兵庫県加西市にある、河上稲荷神社の鏡石を記事にしました。その河上神社の一の鳥居から、案内に従って山道に入ります。河上稲荷神社の社殿前から直接山道をたどると、下のようにやがて道は荒れて消えがちになり、迷う可能性があります。一の鳥居まで戻って登ることが...

続きを読む

飛鳥の顔面石とインドネシア文化

奈良の飛鳥周辺には、不思議な岩がたくさんあります。その一つが、顔が彫られた岩です。人とも猿とも亀ともわからない顔が、あちこちにあるのです。近鉄吉野線飛鳥駅の北側にある、大きな欽明天皇陵。その横、小高い丘のような場所に、吉備姫王墓という小さな円墳があります。下の写真は、その中に置かれた不気味な4体の石像で、猿石と呼ばれています。猿石と呼ばれていますが猿ではなく、正体不明の石像です。高さは70㎝~10...

続きを読む

宇多津の三ツ石・正体不明の不思議な巨石

香川県綾歌郡宇多津町にある三ツ石は、正体不明の不思議な岩組みです。国道11号線と浜街道の間にある青の山の斜面に位置し、住宅街の外れといった立地で、特に神社やしめ縄はありません。土台の二つの石は、角度や大きさが人工的に削って揃えられているように見えます。宇多津の情報集積サイト「うたづ情報ナビ」様のブログには、こんなことが記されていました。『讃岐国名勝図絵』に「義阿の墓」(よしあのはか)と伝えている。これ...

続きを読む

子生まれ石・遠州七不思議の奇瑞

遠州七不思議とは、静岡県の遠州地方に伝わる七つの不思議な物語です。その一つが、静岡県牧之原市西萩間の大興寺(だいこうじ)にかかわる「子生まれ石」の伝説です。昔、このお寺の大徹和尚が、「私が死んだら、裏山の岸壁より、まゆ型の石が現れるだろう。」と予言し、90余歳で亡くなりました。そしてその通りに、石が現れたのが最初です。人々はその石を、和尚の墓石として大切に供養しました。その後、住職の代が代わるごとに...

続きを読む

3D天狗岩・ほんのり不思議な石造物

滋賀県大津市の田上山には、登山道の途中に「天狗岩」があります。それほど巨大でもなく、「なんか珍しい岩だな!」程度で終わりそうなのですが、よく見れば明らかに人工的な構造物です。しかし、「田上山の天狗岩」で検索しても、下のような金勝山の天狗岩ばかりがヒットし、この天狗岩の情報はほとんど出てきません。本日の天狗岩に戻ります。かつては県道12号線から、普通の乗用車でもなんとか通れる林道が通じていました。し...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア