fc2ブログ

記事一覧

知られざるストーンサークル(豊後高田)

大分県豊後高田市臼野の山中に、天祖神社(妙見社)と呼ばれるお社があります。(グーグルマップで検索可)その背後には、「妙見ストーンサークル」とも呼ばれる、あまり知られていない遺跡がありました。まずは、ちいさな道標をたよりに山道を進みます。これが拝殿。背後には岩も見えます。背後の巨石に回ります。草木で全容が分かりにくいものの、積み重ねた巨石をその一部として、ほぼ円形に岩が配置されているように見えます。...

続きを読む

国東半島の旧千燈寺・岩窟や岩屋の神秘と信仰

大分県国東市国見町千燈にある、千燈寺の旧寺院跡を目指して山道を登ります。まずは、千燈寺の伽藍跡。お堂はなく、護摩堂跡に一対の仁王像が立っています。これは一枚岩に半肉彫りにされた、たいへん珍しいものなのだそうです。さらに登ると見えてくるのが、奥の院です。岩屋の中に嵌め込まれるように建てられており、本尊の千手観世音菩薩像が安置されています。  ★神社仏閣が、洞窟や岩屋の中にぴったりと、隙間なく嵌め込ま...

続きを読む

尻付岩屋と大不動岩屋・山水画のような国東の絶景

9月7日、『川中不動と国東半島の特異な信仰文化』では、川中不動と背後の岩塔の写真を載せました。記事の最後は、「それにしても、岩峰・岩壁・岩窟に対する信仰と、さらに川の中の巨石。国東の信仰は奥深いです。」と書いたのですが、岩窟の寺院もあちこちにあります。  ★大分県国東市国見町千燈付近、県道31号線沿いに、印象的な岩壁があります。よく見ると、岩窟のようなところに、お堂がありました。これは尻付岩屋で、ここ...

続きを読む

長崎鼻海蝕洞穴・この壮大なる神秘

大分県豊後高田市見目、国東半島から周防灘(すおうなだ)に突き出した岬が、長崎鼻です。「長崎鼻リゾート公園」の風光明媚なキャンプ場を通って岬の先へと歩くと、いきなり別世界の光景が広がります。岩窟にお堂がはめ込まれています。先ほどの説明板には洞穴の中には役行者・不動明王・蔵王権現が祀られている。古くは修験道の修行の場であったという。土地の人々はこれを信仰している。と記されていました。お堂の左右は海水が...

続きを読む

生目神社の奇妙な磐座が意味するもの

大分県の国東半島は、奈良や京都とは異なる、独自のミステリアスな伝統文化が花開いた地域だと思います。そしてその一つが、真玉町にある生目(いくめ)神社かもしれません。平成初期に撮った古い写真をお数枚お見せしたことがありますが、現在の様子をしっかり写してきましたので、ご覧ください。鳥居をくぐり境内に入ると磐座があり、社殿や石祠や石燈篭などはありません。まさに原始信仰そのままの貴重なお社なのです。水鳥のよ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア