記事一覧

萱島駅を貫くご神木・京阪は ええ仕事しはりましたなあ!(by おけいはん)

大阪府寝屋川市萱島本町に鎮座する萱島神社には、地元の参詣者が絶えません。写真を撮っている間にも、おばあちゃんや家族連れなどが、つぎつぎにお参りしておられました。本殿の横には、推定樹齢700年のクスノキご神木。ところがこの萱島神社、京阪電車の線路の下に立地しているのです。なんと、御神木は、ホームを貫いています。ホームに上がってみました。反対側のホームからも撮影。2015/2/17付の日本経済新聞には、こう書かれ...

続きを読む

北郷の岩屋観音・荒ぶる神の霊杉

この大杉は、幹回り15m・高さ40mもあり、樹齢は500年とも1200年とも言われています。荒ぶる神のような姿を、謹んでご覧ください。(例によってサイズが無駄に?大きいので、全画面表示でご覧いただければ幸いです。)よく見ると、根元に岩を抱え込んでいます。ここに到着したとき、すでにまぶしくも寂しい冬の日差しが、すでに傾いていました。、樹林の間から照らされる大杉の姿は、威厳と神秘に満ちたものでした。大地...

続きを読む

光泉寺の大銀杏 その①

和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川にある光泉寺の大銀杏を紹介します。推定樹齢は300~400年。樹高は30メートルで幹周りは7メートル。 和歌山県下最大級の銀杏です。太い枝から乳房のようなこぶをたらしており、子供ができない人は、このイチョウにお願いすれば授けてくれるという噂が広まって、誰が言うともなく子授けイチョウと呼ぶようになりました。秋は素晴らしいようですね。この銀杏に関する伝説は、次回に回します。 クリ...

続きを読む

田屋の大杉・遠野にそびえるご神木

(よろしければ全画面表示でご覧ください)岩手県遠野市綾織町上綾織にそびえる、田屋の大杉の紹介です。遠野物語で有名な『続き石』の登り口から、道路を隔てた反対側の丘陵地帯にあります。樹高 30m目通り幹囲 7.7m推定樹齢 1500年昔、この大杉を切り倒そうとし、傷をつけた時に血が流れたという伝説があります。このような、巨石や大木に傷をつけたら血が流れたという伝説パターンは、日本各地にあります。当然なが...

続きを読む

善徳寺のビャクシン・火焔土器のような生命力

和歌山県田辺市芳養松原にある、西山浄土宗海宝山善徳寺。紀勢本線・芳養駅から西に約200mの国道沿いにある。ここにはビャクシンの巨木があると聞いた。しかし周辺の国道を何回も走っているが、お寺も巨木も記憶にない。不思議に思いながら訪ねてみた。お寺は古くからの市街地の中にあり、ビャクシンもさほど樹高はない。国道から見えないのも納得。しかし地上からすぐに三本の支幹に分岐して枝を横に広げており、幹の太さと、横へ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア