fc2ブログ

記事一覧

高尾神社(呉)と伊勢神宮

広島県呉市焼山中央の高尾神社は、市街地に囲まれた丘の上に鎮座するお社です。ホームページには、このような由緒が記されていました。高尾神社は社伝によると鎌倉時代には既に町内宮ヶ迫に創建されており、永禄年間(一五五八~七〇)現在地に遷座した。古より地域民衆の神として帯中津日子命(仲哀天皇)産業繁栄の神・息長帯比売命(神功皇后)安産子育ての神・品陀和気命(応神天皇)開運厄除の神・外相殿四柱を奉斎し、焼山全...

続きを読む

庚申神社(安芸津町)・まさか床下に・・・!

東広島市安芸津町風早は、風光明媚な瀬戸内海に面した町です。海沿いを走る国道185号線と、すぐ横の高台を走るJR呉線に挟まれた狭小な土地に、ささやかな神社がありました。庚申神社です。すぐ横が線路でした。地元の方がお参りされるだけで、遠来の参拝者はほぼないと思います。SNS映えするわけでもなく、駐車場もありません。車で下手に近づくと、狭い道でUターンもできません、ネットを検索しても、何の情報もないお社です。た...

続きを読む

岩山の「火の用心岩」・これは古代の巨石・磐座信仰?

以前、広島県呉市郷原町にある銭神岩を紹介しました。この銭神岩から、国道や市街地を挟んだ反対側に、「火の用心岩」が見えます。これは四年前に少し紹介していますが、今回改めて写真を撮りました。こんなにきれいなカンナビ型だったんだと、改めて認識した次第です。今回よく見ると、「火の用心」の文字の隣にも、何か白い文字が見えます。この巨大な文字を書いた人たちの、いわばサインですね。赤い服の登山者と比べると、文字...

続きを読む

天磐門別神社・風水の「龍穴」にあるお社?

これは、広島県北広島町宮迫字磐門に鎮座する、天磐門別神社(あまのいわとわけじんじゃ)です。背後の山からいくつもの龍脈が流れてくる「龍穴」として、風水の本で紹介されたお社なのだそうです。神社と風水、なかなか興味深い取り合わせですよね。また、「天磐門別」という名前の由来は、天手力雄命(アメノタヂカラオ)が投げた天の岩戸の破片の一つが、この神社に鎮座しているからだそうです。そういえば、目立たない磐座が境...

続きを読む

地御前神社・外宮という不思議な存在

伊勢神宮には外宮と内宮があります。ほとんど知られていませんが、実は厳島神社にも外宮と内宮があるのです。大鳥居のあるお社が、内宮に当たるあの厳島神社です。では、外宮とはどこなのでしょう?それは、廿日市市地御前にある地御前神社(じごぜんじんじゃ)と呼ばれるお社です。創建は厳島神社と同時だとされますが、現在は国道2号線・広電・JR山陽本線にギリギリ挟まれた窮屈な立地で、駐車場もありません。というか、どこが...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア