記事一覧

美しすぎるモネの池・根道神社と「名もなき池」

根道神社(ネミチジンジャ)は、岐阜県関市板取に鎮座する神社です。境内の下にある「名もなき池」が、モネの絵「睡蓮」のように美しい池だと2015年にSNSでうわさが広がり、一挙に人気が出ました。テレビや雑誌でも紹介され、週末には多くの人が根道神社へ訪れるようになりました。で、「モネの池」を撮影しましたのでご覧ください。岐阜県神社庁によると、根道神社の祭神は、根道大神・伊弉冉命・大雷神・大山祇神・金山比古神とな...

続きを読む

藺牟田池の山王岳環状列石・神秘と静謐の山上湖にて・・・・

藺牟田池(いむたいけ)は、鹿児島県薩摩川内市祁答院町藺牟田にある直径約1キロメートルの火山湖です。希少野生動植物種であるベッコウトンボや水鳥の生息する重要な湿地として、2005年ラムサール条約湿地として登録されました。       (延岡の山歩人K様ブログより)小規模ながらも7つの外輪山に囲まれた、神秘的な山上湖です。私たちが訪れた時は夕方に近く、風も時間も静止しているような独特の雰囲気でした。周囲に人が...

続きを読む

つぶて島は海上祭祀遺跡?・出雲の海の謎

出雲市の稲佐の浜から日御碕へとつづく道路を、風光明媚な美しい海を見ながら走ります。「なんかすごい岩が海の中にある」と妻がいうので、とりあえず車を停車。私はグータラにもシートを倒して休憩を決め込み、妻だけが写真を撮りに車外へ出て行きます。まあそう大した岩や島はないはず、と思っていた私ですが、帰路は運転席側が海です。すると先ほどの地点で、異様な雰囲気の岩が海中に浮いているのが目に入りました。ただの岩礁...

続きを読む

稲佐の浜と弁天島・風土記神話の聖地

稲佐の浜(いなさのはま)といえば、出雲大社の西方1kmにある海岸で、国譲り、国引きの神話で知られます。またこの浜は、旧暦10月の神在月に、全国の八百万の神々をお迎えする浜ともされています。この浜のシンボルが、弁天島です。かつては海中にあったため、沖ノ御前、沖ノ島と呼ばれていました。「有名なだけで、実質ただの小さな岩山じゃん!」という感想もあるでしょう。たしかに、鳥居と祠がなければ、どうってことない景色...

続きを読む

日御碕神社と経島と海底遺跡・雄大な神秘がここにある

前回は、出雲大社の背後にある「猪目洞窟」を記事にしました。しかしこのエリアには、まだまだたくさんの聖地があります。その一つが、日御碕神社。伊勢神宮は日本の昼を守る神社であり、日御碕神社は夜を守る神社だとされます。この日御碕神社は、下の宮=日沈宮(ひしずみのみや)と上の宮=神の宮という上下二社からなり、両方を総称して『日御碕神社』と呼びます。 日沈の宮にはアマテラスオオミカミが、神の宮にはスサノヲノ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア