FC2ブログ

記事一覧

早滝比咩神社と瀬織津姫命・人里離れた神秘の渓谷を訪ねて

岡山県玉野市滝に、瀬織津姫命、速秋津比賣命、天吉葛命を祀る早滝比咩神社があります。道路があまりにも狭いことに気づかず、由加神社方面から県道62号線の旧道を進んできたのですが、ガードレールと崖の間が極端に狭くなってきました。バイク同士でもすれ違うのに苦労するほどの道幅で、もちろんUターンもバックもできません。対向車が来たら万事窮す。(本来は、62号線の滝交差点から滝公民館へと、逆ルートで進むべきでし...

続きを読む

厳島神社と安芸の宮島・秘められた裏の顔とは?

日本三景・安芸の宮島(厳島)といえば、日本を代表する観光地です。古代より、島そのものが自然崇拝の対象でした。弥山の山腹や山頂では、巨石信仰・磐座信仰にふさわしい不思議な巨石を観ることができます。頂上部は、奥津磐座とも呼ぶべき巨石群が並びます。その頂上から見る景色です。大同元年(806)には、唐から京の都へ帰る途中の空海が宮島を見て、ここは霊場に違いないと弥山に御堂を建て、百日間の求聞持の修法をしたと伝...

続きを読む

宗像三女神と弁財天と荒神山の不思議な関係

昨日の記事で、竹生島と多景島と荒神山が、一直線に並んでいることを書きました。いずれも古代からの原始信仰を伝える聖地です。竹生島多景島荒神山これらを地図で確認します。オレンジ色・・竹生島黄色・・・・・多景島紫色・・・・・稲村神社(荒神山中腹)アズキ色・・・荒神山神社(荒神山山頂)さて、多景島と竹生島という二つの島の延長線上に、神社(荒神山)が位置するという聖地構造は、宗像大社と大島(中津宮)と世界遺産の沖ノ...

続きを読む

竹生島の不思議な場所と藤ヶ崎龍神

琵琶湖の竹生島西側には、絶壁や荒々しい岩場が続きます。神の島にふさわしい景色です、この岩場は、竹生島港まで続いています。それを今津港から竹生島へ向かう船から見ていて、どうも気になる場所がありました。まずは、この白い立石。他の露岩と違い、白くて奇妙な模様の巨岩が、独立して立っているようにも見えます。他と明らかに違う「奇しき岩」には、しばしば古い巨石・磐座信仰があります。ここにも何か古い由緒があるかも...

続きを読む

竹生島と謎の湖底縄文遺跡

竹生島のシンボルは、龍と蛇と弁天です。これらは、龍蛇信仰が竹生島の本質であることを示しています。この組み合わせは特に珍しいわけではなく、例えば東京都品川区の上神明天祖神社(蛇窪神社)なども、白蛇と龍神と弁天様の組み合わせのようです。そして、神社本殿の前にある、「かわらけ投げ」で有名な「琵琶湖水神 竹生島竜神拝所」。しかしよく考えてみると、竜神拝所という聖なる場所なのに、なぜかわらけ投げなどというゲ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア