FC2ブログ

記事一覧

十和田神社と御倉山と石ヶ戸・十和田湖に眠る謎

十和田湖といえば、東北地方を代表する観光地のひとつです。山間に開けた神秘の湖は、数多くの伝説や信仰が今も息づいています。まずは、青龍伝説を今に伝える十和田神社です。磐座信仰を感じさせる本殿背後の祠。小規模な岩窟信仰も岩壁に並んでいます。湖上には、大黒様と恵比寿様を祀る岩の島。さらに極め付きは、全国的にも有名なパワースポットとして知られる「占場」です。十和田神社の裏側から、長い鉄のはしごをつたって降...

続きを読む

妙見神社(岩城島)・瀬戸内海の島々を貫く弥生祭祀ラインの不思議

(昨日の続きです)昨日の記事は、伯方島の宝股山頂にある石神弥生遺跡と、生名島の立石山頂の磐座弥生遺跡を結ぶ直線上に、岩城島の妙見神社が位置しているという地図を示しました。岩城島・妙見神社のご神体、通称「妙見メンヒル」とは?積善山の山頂に近い尾根筋に、巨大な岩が三本立っているような遠景です。この、プレハブ造りの拝殿?に入ってみました。すると、ここが岩窟信仰であることが分かります。案内板にはこう書かれて...

続きを読む

不動瀧御社・笠置山に秘められた滝と渓谷

岐阜県恵那市中野方町、県道68号沿いに農産物直売所があります。そこから道路を挟んだ斜め前に鳥居が建っていて、そこが本日紹介する不動滝の入り口です。谷川に沿って、静かな参道を登ります。まず目に入ったのは、巨石とその陰の石仏です。頭上に青い橋が見えます。さらに谷川を遡ります。しばらく歩くと、谷に面した一連の建物と、滝が現れました。意外に大きい建物です。人の気配はありませんが、お籠りや滝修行にはそこそこの...

続きを読む

津島神社・赤い橋の絶景と謎めいた島

香川県三豊市三野町大見の津島神社では、沖の小島にある本殿へと続く、赤く美しい橋の絶景が見られます。まずはその様子をご覧ください。では説明していきます。まず、四国本土側にある、津島神社の社殿から。社殿の間から海へと進むと、橋があります。ところが、閉鎖されたこの橋を覗くと、床板がありません。外されて、渡れないようになっているのです。実は毎年8月初めの2日間だけ、お祭りで橋が架けられます。すると参拝客が...

続きを読む

三つ子石池・継子いじめの伝説に隠されたもの

三つ子石池は、香川県三木町田中にある大きなため池です。道路に面していて歩く必要もなく、グータラな私にぴったりなのですが、駐車スペースは特にありません。波の無い水面は、広々と青空を写し込み、不思議な癒しの景色がそこにありました。さて、海に突き出た岩礁は、しばしば神の依りつく場所として蛭子神などが祀られていますが、こんなため池にも同じ祭祀構造がありました。なんとも印象的な景色です。よく見ると、岩の上に...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア