fc2ブログ

記事一覧

菅原神社の「浮橋参道」とご神木の環境保護

石川県加賀市の山中温泉といえば、日本を代表する温泉のひとつですね。その奥に、菅原神社があり、そこにはご神木と「浮橋参道」がありました。そしてこれが「浮橋参道」と、樹齢2300年というご神木「栢野の大杉(かやののおおすぎ)」です。しかし樹齢2300年といえば、紀元前ですよね。この木は、この菅原神社の変遷はもちろん、日本の歴史をずっと見てきたのだと思うと、自然と畏敬の念が湧きあがります。ところで、この「浮橋参...

続きを読む

那谷寺の遊仙境・錦秋の極美絶景に隠された意味とは?

石川県小松市那谷町、那谷寺の錦秋は格別です。荒々しい岩山と不思議な穴が織りなす光景は、他では見られない絶景ですね。ここでquestionです。『那谷寺』の名前の意味は何でしょうか?(地名ではありません)那谷寺ホームページには、花山法皇は(西国三十三所の)那智山と谷汲山からそれぞれ一文字ずつ「那」と「谷」を取り、那谷寺と改名されたと伝えられています。と記されます。つまり、那谷寺の『那』は、熊野三山のひとつ、...

続きを読む

能登の白比古神社・そして東須磨小学校同僚イジメに思うこと

本日は、石川県七尾市田鶴浜町に鎮座する白比古神社の記事です。下の説明板をご覧ください。少し離れた場所にもありました。田鶴浜小学校田鶴浜地方史の会と書いてあります。おそらく田鶴浜小学校の高学年児童が、総合学習で探究した成果の発信として、田鶴浜地方史の会の方とともに立てた看板でしょうね。一般の旅行者にもわかる形で郷土情報を発信するという、素敵な取り組みです。そこで人格高邁、天使のように清らかな私は考え...

続きを読む

能登金剛 オモシロ不思議なゴリラ岩?・源義経と松本清張も見た巌門の絶景

海際にそびえ立つ岩が、何となくゴリラの顔に見えるのですが・・・・・ここは、石川県羽咋郡志賀町の巌門。能登半島の景勝地である、能登金剛を代表する景観とされます。ではまず、駐車場から海岸へ下りましょう。道は、岩のトンネルを通ります。トンネルを出たところが、日本海の荒海によって造られた洞門です。岩盤の下に幅6m、高さ15m、奥行60mの貫通洞門があり、小舟も通り抜ける事が出来ます。そして左にそびえるのが...

続きを読む

十二ヶ滝と白山神社・伝統信仰の破壊と合祀

石川県小松市の西尾地区には、西尾八景と呼ばれる美しい景色が点在します。しかし、これは日本の伝統信仰の破壊だなと、少し残念だと思うこともあります。それは、十二ヶ滝に関する歴史です。☆小松市布橋町、国道416号線沿いに駐車場があり、すでにそこから滝が間近に見えています。ほとんど歩かずに滝を見られるという、とても便利な立地です。河床はすべて岩石で、郷谷川はこの滝で十二筋に分れて落下しているので十二ヶ滝の名が...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア