fc2ブログ

記事一覧

鳳来寺山と「八人の巫女」の謎

愛知県新城市の鳳来寺山(ほうらいじさん)は、標高695mの山で、国指定名勝・天然記念物にも指定されています。鏡岩(屏風岩)に代表される、その幻想的な岩肌を露出した美しい山の姿は、修験者の聖地、真言・天台の密教の道場として栄えてきました。下は、鳳来寺本堂と鏡岩です。眼下は山里と深い山並み。東照宮縁起には家康の父君広忠公が、良い世継ぎを得たいと思われ、北の方とともに鳳来寺に参篭して祈願したところ、その効...

続きを読む

徳川家康の先祖と巨石磐座信仰の関係とは?

東海環状自動車道を豊田松平インターで下りると、その東南5~6㎞にあるのが松平郷。ここは徳川家のルーツ、松平家発祥の地です。豪華絢爛ではありませんが、家康を祀る松平東照宮があり、家康の産湯に使った「産湯の井戸」も大切に保存されています。この松平郷から北へ2~3㎞に、天下峰と呼ばれる岩山があり、徳川家康の祖先、松平親氏(ちかうじ)がこの山頂で天下泰平を祈願したとの伝承が残っています。登ってみました。標高は...

続きを読む

鳳来薬師如来と鳳来寺・ほんのり不思議な景色がありました!

愛知県新城市の鳳来寺(ほうらいじ)は、鳳来寺山の山頂付近にある真言宗の寺院です。本尊は開山の利修作とされる薬師如来。利修は霊木の杉から本尊・薬師如来、日光・月光菩薩、十二神将、四天王を彫刻し、さらに文武天皇の病気平癒祈願を再三命じられて拒みきれず、鳳凰に乗って参内したという伝承があります。雄大で神秘的な絶景ですね。さて、この鳳来寺山麓の湯谷温泉に、鳳来薬師如来の石像が安置されています。鳳来寺の参道...

続きを読む

瀬戸市の秘境『岩屋堂』・奇怪なドルメン風巨石

愛知県瀬戸市岩屋町、瀬戸市中央部の山林を流れる鳥原川上流に、「瀬戸の秘境」とか「瀬戸の奥座敷」などと呼ばれる岩屋公園があります。谷川沿いの駐車場で降り、秋の紅葉や夏の天然プールで知られる公園から少し坂道を登ると、浄源寺奥の院とされる「岩屋堂」がありました。ここは、725年に名僧行基が草庵を結び、この岩窟内で三体の仏像を彫刻し、聖武天皇の病気平穏を祈願した霊跡です。アップで撮影します。えぐれて庇(ひさし...

続きを読む

熊野神社の五枚岩・神霊が依りつく不思議な景観

愛知県小牧市大字岩崎の熊野神社は、岩崎山の南側中腹にあります。祭神は伊邪那岐命と伊邪那美命。古くは古代磐境として尊崇されたところだそうです。まずは、この地域でよく見る、立派な蕃塀。石段を上がると大きな舞台ですが、その横に五枚岩が見えます。愛知県指定天然記念物ですが、注連縄があり、磐座として扱われているようです。これは、花崗岩の節理面に沿って風化侵食作用が進み、5枚に分離したものとされています。、5枚...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア