fc2ブログ

記事一覧

岩尾神社と飯道神社・何の情報もない不思議な磐座とは?

これは、滋賀県甲賀市信楽町の岩尾神社です。背後の巨大な磐座をご覧ください。間違いなく岩尾神社は、この巨岩をご神体として始まった信仰の場でしょう。ところが、境内に由緒書きはなく、ネットにも情報がありません。  ☆一方、この岩尾神社から東へ、わずか200m離れた地点から撮った写真がこれです。典型的な神体山である、飯道山(はんどうさん、標高664メートル)なのですが、頂上付近に鎮座する飯道神社(いひみちじんじ...

続きを読む

山添村の巨石ミステリー

この巨大な丸石・・・・奈良県山添村のシンボルともいうべき、この不思議な巨石は、山添村ふるさとセンターの敷地にあります。ふるさとセンターの造成工事をしていた1992年、小高い丘の頂上に、台座に乗った巨大な石のボールが現れました。重機を使って丘の上から転がし、爆破して始末しようとしましたが、撤去費用が700万円。そこでモニュメントとして残すことになったそうです。これを名づけて長寿岩。説明が全く異なる、二つの...

続きを読む

高越大権現・絶景美の渓谷と失われた聖地信仰

徳島県美馬郡つるぎ町、貞光川沿いに走る国道438号線から見える「伝統的聖地絶景」がこれです。午後の傾いた太陽で、渓谷の下まで陽が射していない条件でしたが、それでも貞光ブルーな美しい水です。そしてこの橋。渡ると危険らしく、通行禁止の様でした。たしかに、橋の上に足を踏み入れると、少しぐらっとします。橋の向こうには、崩れて打ち捨てられたような鳥居。ここに祀られていた高越の神様は、すでに高越山に戻られたとも...

続きを読む

山神社(白光龍王神)・ひっそりと佇む巨石磐座信仰

徳島県名西郡神山町上分、一車線部分が多い国道438号線ぞいに、こんな表示があります。この表示の横にわずかなスペースがあり、そこに車を置いて坂を上ります。お墓のような場所を過ぎると、お社が見えてきます。巨石・磐座信仰から始まったお社なのでしょう。横から見ます。石段の上には、簡易な建物がありました。先ほどの巨石の上部がこれです。お稲荷さんらしい祠があります。山神社あるいは白光龍王社というのが正式な名前で...

続きを読む

高越山という霊山・謎の立石は古代メンヒルか?

高越山(こうつさん)は、徳島県吉野川市にそびえる霊山です。標高1,133m、「阿波富士」とも呼ばれ、地元民からは「オコーツァン」と呼ばれているとか。山頂近くの立石峠には、その名の通り不思議な立石があるようです。あちこちの神社境内にも、ひっそりと由来不明な立石があるのですが、ほとんど無視同然。私はそれらに、深い由来があると思っています。立石峠は、車でも行けるということで、長いくねくね道をたどっていってきま...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア