FC2ブログ

記事一覧

梅田大明神・ひっそり隠れた巨大磐座

兵庫県篠山市小原、山間に開けた田園地帯に鎮座するのが「梅田大明神」のお社です。国道173号線沿いにありますが、川をはさんでひっそりと佇んでいる感じがします。周囲はこんな感じです。この辺りのお社は全部そうですが、祭礼でもなければ参詣者を見る事はほぼありません。これは池の跡のようです。かつては静かな水面に鯉やめだかが泳いでいたのでしょうか。本殿の下に、立石があります。間違いなく古くからの磐座なのでしょ...

続きを読む

獅子窟寺・弘法大師が落とした隕石と不思議な岩屋

大自然の壮大なロマンといえば、大宇宙の銀河や星にかかわるものが思い浮かびます。先日は星田妙見の隕石にかかわる伝説をお伝えしましたが、そのひとつがこれでした。嵯峨天皇(弘仁年間 810~824年)の頃、空海が、獅子窟寺の宝窟に入り秘法を唱えると、七曜の星(北斗七星)がこの地の南西方面に降り、等距離の三ヶ所に分れた。その場所を八丁三所と言う。(八丁は900m)弘法大師が、その呪文で星を落とした場所という...

続きを読む

細田神社(伊勢本街道)・消えゆく神社と伝承に思うこと

兵庫県の山間部を走っていたら、神体山と呼ぶにふさわしい、美しい三角形の里山を見かけました。道路地図にもナビにも神社マークはありません。しかし経験上、山麓に神社があるのではと推理し、狭い農道を無理に進んでいくと、それらしいこんもりとした森があります。「やっぱりな」と、棚田の畦道を歩いて近づくと・・・・失礼な言い方ながら、寂れた祠だけでした。勝手な空想ですが、こんなストーリーが浮かびます。明治の合祀政...

続きを読む

磐神社と神秘の巨大磐座・消滅寸前だった数奇な運命

兵庫県三田市市之瀬の山間部に鎮座する「磐神社」。ここは、切詰バス停の少し北を左折し、200mほど奥へ入った谷にひっそりと佇むお社です。祭神は磐筒男命。磐神社に磐筒男命という組み合わせを見ただけで、ここがどういうお社かが分かります。つまり、岩石信仰・磐座祭祀のお社なのです。ここには二つの磐座が祀られていますが、まず本殿背後の巨大な磐座をご覧ください。たいへん不思議な形をした磐座です。かなり横長で、尾の...

続きを読む

機物神社と交野山と巨石磐座信仰

昨年末、大阪府交野市倉治の機物神社(はたものじんじゃ) から見ると、冬至の朝日が交野山に昇るという記事を書きました。その交野山頂には、観音岩と呼ばれる巨石があり、現地に行くと「交野山古代岩座跡」という石柱が立っています。この巨大な岩は、交野市や枚方市にとどまらす、淀川を渡った高槻市からも遠望できる、古代の神聖な岩でした。ではまず、麓から見る観音岩をご覧ください。なんだかマークのようなものが見えるのは...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア