FC2ブログ

記事一覧

因島の重岩石鎚大権現・急崖にそびえる石神

広島県尾道市因島大浜町の重岩石鎚大権現を紹介します。瀬戸内しまなみ海道の因島大橋を渡って、因島に入るとすぐ、大浜PAがあります。その南西1kmほどの山中に、異様な岩石が見えますが、それが重岩石鎚大権現です。因島北インターで降り、白滝フラワーラインを上ると、ロータリーのすぐ近くに登り口の石段があります。それを登ると、石鎚大権現の石仏が巨岩の上に立てられていました。高速道路や瀬戸内海も見えました。岩が...

続きを読む

高山のメンヒル・大洲市とヨーロッパの巨石文化

愛媛県大洲市高山には、「高山ニシノミヤ巨石遺跡」あるいは「高山のメンヒル」とよばれる巨大な立石があります。このあたりは山の中腹で、眺めがいいところです。横の説明板にはこう書かれています。大洲市指定史跡高山ニシノミヤ巨石遺跡 昭和三十一年九月三十日指定先史時代の人々の手でこの地に残したとされる巨石の中で代表的な立石である。古来前面を仏とし背面を神(権現様)として崇拝され、特に目疣(めいぼ)のある者が祈願...

続きを読む

唐人駄馬・足摺岬の縄文不思議空間

四国最南端、黒潮洗う足摺岬に、唐人駄場遺跡とよばれる巨石群があります。ここからは縄文時代早期から弥生時代に使われた石器や矢じりなどが多数出土しているのだとか。さらに世界有数規模のストーンサークルもあったそうですが、現在は破壊されて、その一部しか残存していないという話も聞きます。下は、唐人駄馬周辺の牧草地です。よく見ると、これなどは、きれいな三角の断面がうかがえます。この丘の頂上部には、いわくありげ...

続きを読む

入内の石神様・不思議を超えた存在感

これは、青森市の山中にある、入内(にゅうない)の石神様です。これほどインパクトのある石神様は、他にはないと思います。では、いったいこの不思議な石神様は、どんなところに鎮座ましますのか、順を追って説明したいと思います。  ☆青森空港といえば、周囲に実質何もない山の中の空港ですが、その東南方向の山中に、入内(にゅうない)という集落があります。そこからさらに林道を遡って行くのですが、かなりの悪路で、車高...

続きを読む

大洲市の粟島神社・ここは縄文巨石文化の神社か?

愛媛県大洲市北只の粟島神社は、日本の神社信仰の起源を考える上で、極めて特別な意味を持つお社です。鳥居の下にある石標には、「大洲文化発祥の地 巨石遺跡ドルメン」と刻まれています。ウィキペディアによれば支石墓(しせきぼ)は、ドルメンともいい、新石器時代から初期金属器時代にかけて、世界各地で見られる巨石墓の一種である。基礎となる支石を数個、埋葬地を囲うように並べ、その上に巨大な天井石を載せる形態をとる。...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア