FC2ブログ

記事一覧

大和三山の謎と「日本のピラミッド」 (昭和の時代➃)

(続きです)サンデー毎日緊急増刊号の表紙を開いた一ページ目は、耳成山の航空写真でした。万葉集に「香具山は 畝火(うねび)ををしと 耳成(みみなし)と 相あらそひき 神代より かくにあるらし 古昔も 然にあれこそ うつせみも 嬬(つま)をあらそふらしき」(中大兄皇子、巻1-13)と歌われている大和三山の中でも、耳成山は最も円錐形の整った山容です。(ウィキペディアより)緊急増刊号の記事には、京都芸術短大の渡辺...

続きを読む

「日本のピラミッド」と耳成山の謎 (昭和の時代③)

サンデー毎日「日本のピラミッドキャンペーン」とはいったい何だったのかの続きです。この緊急増刊号には、読者からの意見や情報がたくさん掲載されていました。「日本のピラミッド」の存在自体には懐疑的でも、磐座や神体山などの研究資料としては大変重宝された方も多かったと思います。全国各地から、さまざまな情報が編集部に集まり、その情報は記事ページの下部に小さく掲載されていたのです。例えば、岡山県の吉備中山近くの...

続きを読む

サンデー毎日「日本のピラミッドキャンペーン」とは何だったのか?(昭和の時代②)

≪もうすぐ遠い彼方へと去りゆく、昭和という時代を惜しんで書かせていただく記事の二回目です(^_^)/~≫2017/11/10に、いわばサブカルチャーとしてのピラミッド論を記事にしましたが、今回はその続編でもあります。それにしても、今ではすっかり忘れ去られたサンデー毎日「日本のピラミッドキャンペーン」とはいったい何だったのか。下の写真をご覧ください。サンデー毎日 緊急増刊 PARTⅡ日本にピラミッドがあった!?という表題で、...

続きを読む

宇津神社・アニメ『ももへの手紙』の聖地と昭和レトロな街並み

広島県呉市の瀬戸内海上に、大小七つの島が七つの橋で結ばれた蒲刈地域があります。通行料700円也の安芸灘大橋(黄色の☆)を渡ると、そこには風光明媚な島の風景がありました。橋のない時代は、こんな船で行き来したのかな?比較的観光客の多い下蒲刈島や上蒲刈島を過ぎると、島を結ぶ橋も小さくなり、最後には川を渡っているのと変わらないローカルな雰囲気になります。こんな蒲刈地域で、四番目の橋を渡った大崎下島に、宇津神...

続きを読む

御影公会堂と 『火垂るの墓』の聖地巡礼 (昭和レトロな風景)

巨石信仰がしばらく続きましたので気分を変え、神社仏閣も古代史も登場しない記事を書かせていただきます(?_?)まずは昨日同様、アニメの聖地から・・・・ジブリ映画『火垂るの墓』の聖地とは?この石碑をご覧ください。草の根たよりに堤防を這いずり上る。上ってみると御影第一第二国民学校御影公会堂がこっちへ歩いてきたみたいに近く見え、・・・・野坂昭如さんの『火垂るの墓』は、野坂さん自身の戦争体験に基づいた物語です。...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア