FC2ブログ

記事一覧

車谷不動の巨大磨崖仏・白洲正子と近江路の「底知れぬ秘密」

滋賀県湖南地域の山中に、ひっそりと佇む石仏群に魅せられた白洲正子さんは、「近江は、底知れぬ秘密に埋もれている」と表現しました。たとえば、この石仏。一見、ただの風変わりな巨石にしか見えません。しかし、この巨石の左上には、小さな磨崖仏が彫られています。磨崖仏と言えば、普通は自らその存在感を誇示するような仏様です。ところが、意識して探さなければ見落とすような、この小さな磨崖仏の意味は何か?そして、そもそ...

続きを読む

対馬の美しき山河と日韓領土&文化問題の深刻さ

対馬市厳原町豆酘の山中にある鮎もどし自然公園は、国定公園の中でも特別保護区に指定されている、美しき絶景の地です。花崗岩の一枚岩を流れる、瀬川の清流をご覧ください。吊り橋の上から撮りました。反対側、上流の景観もまた独特の美しさです。この吊り橋を渡った所で、妻が何と野生の鹿に遭遇。大きく堂々とした雄鹿で、もののけ姫にでも出てきそうな、不思議な威厳と美しさが写真からも伝わってきます。もはや神様に近いオー...

続きを読む

龕という不思議な穴の話

大阪府交野市の交野山にある、「古代岩座跡」と記された山頂部の巨岩。それを横から見ると、四角い穴が開いています。これは、龕(がん)あるいは石龕・仏龕と呼ばれるもので、多くの場合石仏が設置されています。例えばこの交野山頂に石仏などを置こうとしても、吹きさらしの風雨や紫外線、土砂崩れによる流出等の被害が想定されます。こんな所に、ぽつんと捨て置かれたような石仏なら、持ち去りの可能性も出てきます。さまざまなリ...

続きを読む

円月島と成田山と空海

日本三大温泉といえば、熱海温泉、別府温泉、白浜温泉。では、日本三古湯とはどこでしょうか。正解は、道後温泉、有馬温泉、白浜温泉なのだそうです。この中で、どちらにも入っている和歌山県白浜町の白浜温泉のシンボルと言えば、やはりコレですね。円月島です。横から見ると、こんな感じです。正式には「高島」といい、臨海浦の南海上に浮かぶ南北130m、東西35m、高さ25mの小島です。ご覧のように、島の中央に円月形の海蝕洞がぽ...

続きを読む

パーントゥという不思議な仮面・祝ユネスコ遺産登録

宮古市街を車で走っていると、こんな宣伝が目につきました。パーントゥは、宮古島の平良島尻と上野野原で行われる厄払いの伝統行事です。仮面をつけた泥まみれの来訪神パーントゥが、集落を回って厄をはらうのだとか。それが、ユネスコ無形文化遺産に登録されたようなのです。島尻地区に行くと、こんな看板。宮古島市総合博物館にも、しっかりと展示があります。これは、2018年11月30日の沖縄タイムスの記事です。「島の誇り」宮古...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア