FC2ブログ

記事一覧

王位石と沖神島神社の不思議な伝説

野崎島の王位石。(後述の資料館より)王位石については、人工説と天然説があり、結論は出ていません。しかし、風化と浸食で形成された奇岩は、花崗岩の方状節理であれ玄武岩の柱状節理であれ、同じ形状パターンは各地にあります。一定の条件下、一定の風土下では同じパターンの物理的変化を生じさせるのです。しかし、王位石に似た天然の奇岩が日本にあるとは思えません。下の継ぎ目をご覧ください。風化や浸食で亀裂が生じたとは、...

続きを読む

王位石・知られざる秘境に立つ未知の巨石文化

日本の古代文化の中で、巨石文化や磐座信仰に関わる最大の謎は、長崎県の野崎島にそびえる王位石(おえいし)だと思っています。とりわけ重要だと思うことは、日本国内における神社やご神体や磐座等の概念だけでは、この巨石の本質は解明されないと思う点です。つまり、古代東アジア全体、あるいは東南アジアをも含めたグローバルな視点が必要だと思うのです。ここには、いつか再訪したいと思っていましたが、健康上の理由でハードな...

続きを読む

比婆神社と宗像三女神・近畿最後の秘境神社のシリーズ②

滋賀県彦根市の山奥、霊仙山塊の男鬼という秘境にある比婆神社を昨日紹介しました。イザナミを祀る、巨石信仰・磐座信仰のお社でした。そして、この付近の最高峰である霊仙山をウィキペディアで検索すると、この写真が載っています。何だか妙に整った、まとまりの良いきれいな景色ですね。美しい左右対称は、古代信仰が発生する重要な条件のひとつでした。この写真には「霊仙山を西南西の沖島から望む 手前は荒神山」と説明が書か...

続きを読む

比婆神社(彦根)・近畿最後の秘境神社シリーズ

イザナギを祀る大杉神社と対になるのが、イザナミを祀る比婆神社です。廃村である男鬼(おおり)集落の奥に位置し、これまた完全一車線の林道をかなり走らないとたどり着けない、深い山奥にありました。これが一の鳥居、神社の入口です。ここまでたどり着くのも大変なのですが、ここからさらに、車が通れるとは思えない道を10分ほど走ります。対向車が来ないことを祈りながら到着したのは、頂上近くの台地で、ありがたいことに数...

続きを読む

死と隣り合わせの聖地、最も危険な絶景とは?(総集編②)

このブログを見て興味を持ち、実際にその神社仏閣を訪問される方が時々おられます。「雰囲気や魅力が、拙い写真と文でも伝わったんだあ~(^_^)/~」と嬉しいかぎりですが、安易に行けばけがをしそうな№1~3を紹介します。(もちろん私の知っている範囲ですが。)まずは大阪府交野市私市の磐船(いわふね)神社です。2014年9月20日、42歳の女性が岩窟内で頭を打って倒れているのが見つかり、搬送された病院で死亡が確認されました。...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア