FC2ブログ

記事一覧

瀬織津姫より法道仙人

これは、兵庫県神戸市灘区六甲山町の山中にある六甲比命大善神社(ろっこうひめだいぜんじんじゃ)です。三角形の岩のすき間がご神体なのでしょうか。三角形の岩のすき間がご神体というのは、日本の巨石・磐座信仰にしばしば見られるパターンです。例えば、愛知県豊田市足助町の白倉という集落の氏神様である「シンメイさん」。ところがこの下には、異様な巨石群があります。ウィキペディアの「六甲比命神社」には、六甲比命神社の...

続きを読む

建屋の知られざる巨石建造物・酒井勝軍【日本のピラミッド】の時代に忘れられたもの・・・その1

先日も載せた、兵庫県朝来市の金梨山大権現です。下の写真で、右の岩壁と地面の境を見ると見事に一直線です。人工的に整えられたと思います。そして、一か所だけに差し込む、白い鳥のような日光。これが太陽の移動に伴って徐々に壁面を移動するのですから、不思議としか言いようがありません。真っ白な『天の鳥船』が、特定の日時に岩窟内の特定の場所に到達する・・・などと勝手な妄想をするのですが、いずれにしろきわめて神秘的...

続きを読む

ご挨拶

突然ですが、諸般の事情により、ブログ活動をしばらく休止させていただきます。条件が整いましたら、いつかまた再開させていただきますので、よろしくお願いいたします。毎日たくさんの方に見ていただき、本当にありがとうございました。 sazanamijiroにほんブログ村神社・仏閣ランキング...

続きを読む

空中に浮かぶ多景島の不思議

竹生島へ向かう船からは、さまざまな景色が見えます。例えば、ヤマトタケル伝説に彩られた伊吹山が、竹生島に重なるように見えてきます。もうすぐ山頂は雪で覆われ、神々しい姿に変化するでしょうね。一方、こんな不思議な景色がありました。えっ、島が空中に浮いている?水面と気温の差などで生起する現象なのでしょう。とんがったアンテナのようなものが見えますから、この多景島だと思います。しかし、先の浮いた写真には、多景...

続きを読む

ボンボン岩と祇園社・今まで見たことのない奇観でした

岡山市東部を流れる吉井川の河口部東岸に、祇園宮とよばれるお社があります。車を手前に置いて古い集落を抜け、祇園宮のある堤防へ上がると、ボンボン岩とよばれる今まで見たことのない巨石群がありました。周囲は広々とした田園地帯で、のんびりと流れる海のような吉井川と相まって、穏やかな景観を作っています。そんな中、ここだけに巨岩が連なる景色は、不思議としか言いようがありません。よく見ると、巨岩の間には隙間があり...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア