FC2ブログ

記事一覧

三島神社(四国中央市)・弥生起源の古社と不思議な竜宝石

愛媛県四国中央市三島宮川、海に近い市街地に、三島神社が鎮座しています。奈良時代の初め、宇摩郡の大領に任じられた越智玉澄が年老い、毎月の大山祇神社参籠ができなくなったため、大三島より御分霊を勧請し、八綱浦三津名崎冠岡の現社地に奉斎したことに始まるお社です。御祭神は、大山祇神・高龗神・上津比咩神・下津比咩神・雷神。境内には2千年以上前の祭祀遺跡とされる磐座があり、社殿建造以前の古代祭祀があったと言われ...

続きを読む

ヤセの断崖と関の鼻・景勝地の崩壊と再生

能登半島国定公園を代表する景観の一つ、荒々しい海岸で知られる能登金剛は、石川県羽咋郡志賀町の日本海沿いにあります。その中でも、松本清張原作の映画『ゼロの焦点』で、悲劇のヒロインが最後に身を投じた舞台として有名なのが「ヤセの断崖」です。この映画の影響を受けて、一時は年間18人以上の自殺者が出たそうですから、なんとも微妙な観光地です。ところが、遊歩道や柵が新しく整備された様子にもかかわらず、あまり断崖絶...

続きを読む

毘沙門窟(篠山市)・年に一度朝日が照らす巨大洞窟とは?

篠山市小原、国道道173号から毘沙門橋を渡ると、そこは小原自然公園。公園と言っても、ベンチひとつありません。古い案内図が立っているだけです。11月初旬に一度訪問した時には、マツタケやら狩猟やらで、なんと入山禁止期間。道にロープが張ってありました。がっかりです。国道沿いの畑で作業中の方にお聞きすると、親切にも関係者にその場で電話をしていただき、入山禁止期間の詳しい日程を教えていただきました。そして二週...

続きを読む

本耶馬渓の羅漢寺・岩峰と五百羅漢と

大分県中津市本耶馬渓町は、荒々しい岩山が目立つ地域です。その中のひとつ、羅漢山に、羅漢寺が建っています。伝説では大化元年(645)に天竺から渡来した法道仙人が、この岩山の洞窟で修行したことが始まりとされ、日本三大五百羅漢の一つに数えられます。この麓には観光客向けにリフトがあり、これに乗ってお寺近くまで登ることができました。岩のアーチの下に、白い貼り紙がありました。山門と本堂以外は撮影禁止だとか。なか...

続きを読む

佐川町の岩佐神社、境内の下は地底湖?

立地条件や景観面で極めて珍しい神社を紹介します。高知県高岡郡佐川町西組1586番の岩佐神社です。まず社頭に泉が流れ出しています。私たちが訪れた時は猛暑で、トラックの運転手さんがタオルを泉に浸していました。暑い日はきっと冷たくて気持ちいいのでしょうね。 泉の隣には、「海津見神社」の祠があります。周囲は白っぽい石灰岩です。鳥居を潜ると、簡素な社殿がありました。お参りを済ませて境内を見回すと、鳥居の横には石...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア