fc2ブログ

記事一覧

何とも奇妙な「ヒトガタ岩」とケルト文化

その成因はともかく、人間の顔に見えなくもない「人面岩」というのはけっこう存在します。これは、金生山明星輪寺です。下を向いた顔にも見えますよね(@_@)いっぽうこちらは、高尾神護寺の虚空蔵菩薩像。明星輪寺も虚空蔵菩薩を祀ります。ひょっとしたら、宝冠を着した虚空蔵菩薩が下界の衆生を向いているお姿が、この明星輪寺の核心部分ではないかと思うのですが、明星輪寺のホームページにもその他の参拝記にも、そのような記載...

続きを読む

俵石・オンリーワンの存在感

兵庫県淡路市高山甲の俵石へは、旧山田小学校の東南側から登ります。校舎が上のように見える場所に、道標がありました。ここ以外にも、道標はあちこちにあるのですが、俵石へはすべて「危険」と書かれています。まあ自己責任で行ける所まで行って、可能なら望遠で写すことにして進みます。鳥居からは急な参道なのですが、そこにもまた「危険」の注意が。よほどの事態が待ち受けているのでしょうか?  ★一部崩落して歩けない急な...

続きを読む

吉野ヶ里遺跡と「謎のエリア」の線刻

吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、教科書にも載る超有名な遺跡です。佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる、弥生時代の大規模な環濠集落跡です。遺跡のエリアが広いため、ミニ路線バスで移動することもできます。まずは厳重な防御施設から。建物もなかなか立派です。発掘跡も見られます。  ★さて、このブログ的には、祭祀に関係する場所がメインとなります。こんなところで、卑弥呼のようなシャーマンが託宣をしていた...

続きを読む

縦島と横辺島・葬送の島に秘められた過去

陸地から少し離れた小島や岩礁に、鳥居や祠などがある光景は全国各地にあります。たとえば、岡山県の笠岡港から出てすぐに見える、弁財天五重塔。詳細は不明ですが、五重塔設置以前からある、古い岩礁信仰・島嶼信仰なのでしょうね。さて、笠岡港から離島へ向かう定期船からは、何とも不思議な島が二つ見られます。その一つが縦島。もう一つが横辺島。どちらも、神霊の依りつく岩礁のように見えるのですが、鳥居や石の祠などは一切...

続きを読む

雨乞山と加茂神社(淡路市)の巨石信仰

神社の奥宮やご神体としての巨石・磐座祭祀は、神社それぞれの祭祀スタイルと関係が深いのでしょうか?そんなことを考えさせてくれるのが、兵庫県淡路市生穂の雨乞山です。グーグルマップでも検索可能な雨乞山へは、山麓南側のこんな場所が登山口です。この北側100mほどには、広い駐車スペースもある便利なところです。山道をしばらく上ると、こんな景色に出会います。巨大な岩はあまりないのですが、累々とした岩石は何か特別な...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。

フリーエリア