記事一覧

伏見稲荷大社・秋の紅葉とディープな信仰世界

(昨日に引き続き、伏見稲荷大社です。)さて、風土記の昔から受け継がれてきたお社だけあって、伏見のお稲荷さんには実にさまざまな信仰が、カオスのように重複しています。今日はそのいくつかを紹介します。まず「熊鷹社(くまたかしゃ)」です。ここは非常に強い力を持つ神様と言われ、背後は池になっています。この池は「新池」または「こだま池」と呼ばれています。「熊鷹社」で願い事をした後、新池に向かって柏手を2回打つと...

続きを読む

伏見稲荷大社の鳥居と巨石文化

『山背国風土記』逸文の伊奈利社条に、伏見稲荷大社の由来が記されています。711年、秦伊呂具が餅を的にして矢を射ったところ、その餅が白鳥になり稲荷山の峰へ飛んでいき、その地に稲が生えたというのです。さらにこの伏見稲荷は、世界最大の旅行口コミサイトである「トリップアドバイザー」がまとめた2014年の「外国人に人気の日本の観光スポット」調査で、堂々の1位に輝いたそうです。ハリウッド映画の「SAYURI」にも出た、延々...

続きを読む

石切神社参道商店街・つげ義春とフーテンの寅さんと占い店

大阪府東大阪市にある、石切神社の参道商店街へ行ってきました。なぜ「参道商店街」かというと、ここは極めて特殊な場所だからです。ためしに、「石切神社の参道商店街」で検索すると、こんな表現が溢れています。なぜか懐かしい石切参道商店街  異世界 アナザーワールド ちょっとディープな参道散歩  立ち止まらずにいられない「ツッコミ待ち」な雰囲気  ここが大阪であるという感じが全くしない時代をさかのぼる別空間東...

続きを読む

大矢谷白山神社・迫り来る大岩の威容

前回は、六呂師高原の奇妙な岩々を紹介しました。経ヶ岳の大規模崩落で流れ落ちてきた巨石群です。その六呂師高原の西南1kmぐらいに、「大矢谷白山神社」が鎮座しています。福井県勝山市には、今年開山1300年を迎えた「平泉寺白山神社」がありますが、大矢谷の方はひと気のない山間部。訪問時は夕暮れの雨という、最悪に近い気象条件でしたが、なんとか写真は撮れました。なかなかワイルドな境内、登山道を歩く感じです。秘められ...

続きを読む

六呂師高原の絶景・ここは日本のスイスか?

ようやく雨も止んだ、晩秋の夕暮れ時。場所は福井県の山間部。こう書くと、柿の実が彩る藁葺き農家とか、峡谷の紅葉を連想されるのではないでしょうか。ところが行ってびっくり。これはまるでスイスの田園風景です。何このすごい質感は!なんだか日本離れした風景だと思われませんか?ここは福井県大野市南六呂師、六呂師高原と呼ばれる地域です。下の写真、右側にあるのは「ミルク工房奥越前 六呂師高原の時計台」というおしゃれ...

続きを読む

プロフィール

sazanamijiro

Author:sazanamijiro
古代史マニアですが、特に自然神道期の多様な信仰遺跡に魅せられています。